2018/3/5

2017年度 卒業研究発表

2017年度 卒業研究発表

2月10日 葬祭マネジメント学科生 第17期生による卒業研究発表が開催されました。

卒業研究は1年間の集大成として学生自ら研究材料を掲げ、事前準備から当日の進行に至るまでを創り上げる葬祭マネジメント学科のメインイベントであります。

毎年、たくさんの方に参加をいただいておりますが、今年も葬祭関連企業の方をはじめ、非常勤講師の先生方、卒業生、次年度入学予定者、保護者、出版関係者等63名の参加をいただき、発表会場は超満員。

立ち見も出るほどの盛況となりました。

2017年度 卒業研究発表
総合司会の
小井圡さん(左)と奥田くん(右)
2017年度 卒業研究発表

【今年度のテーマ】

テーマ①『最高のお言葉 “また、お願いしますね!”~選ばれる葬儀社になるために~』

業界の昨今は新規参入の企業も多数あり、葬儀社は消費者に選ばれる側となっています。 そこで、施行件数を確保し、更に成長する為に必要な事柄として、リピーターの獲得に着眼しました。

テーマ②『「火葬国家」日本の現状とこれから』

現状の火葬場事情について世間での認知状況に疑問を持ちました。海外と比較しながら火葬のこれからについて考察しました。

テーマ③『駿台知恵袋 ~お墓参り&墓石編~』

お墓参りと墓石の基本知識を提示し、改めて先祖を供養する大切さを広めていくことが必要と考えました。楽しく学んで欲しいとのコンセプトの下、クイズ形式で行いました。

2017年度 卒業研究発表
2017年度 卒業研究発表

これだけたくさんの方々を前にしてのプレゼンは初めてでした。

とにかく元気よくハツラツとそして、自分たちの考えを堅実に伝える意識を持って、発表致しました。

各班の発表直後にいただけた拍手からも、お伝えできたと思います。何事にも代えがたい貴重な経験となりました。

2017年度 卒業研究発表
葬祭マネジメント学科の紹介や授業内で制作した
エンディングノートなどを展示しました。
2017年度 卒業研究発表
制作展示のメインは葬儀タイムカプセルと称し
未来の自分葬をプロデュースしました!
2017年度 卒業研究発表
2017年度 卒業研究発表

研究発表終了後の懇親会では講師の先生方や、授業でお世話になった企業の方々、そして応援に駆け付けてくれた卒業生の先輩たちと楽しい語らいの時間を過ごしました。

お忙しい中参加いただいた方からは、厳しい意見も頂戴しました。

しかしながら、これから葬祭業を担う従事者への叱咤激励として、今後働いていく上で全て貴重なアドバイスとして胸に刻み込みました。

時代の変化に伴い、ますます多様化の時代を迎える葬祭業界ではありますが、本日の経験を糧に第17期生はきっとお客様のニーズに応える葬祭人として活躍してくれることでしょう。

2017年度 卒業研究発表

17期生のみなさん、あっという間の一年間だったと思います。本当にお疲れ様でした!

また、参加いただいた関係各方面の方々には心より感謝申し上げます。

誠にありがとうございました。