2016/2/22

2015年度卒業研究発表

2015年度卒業研究発表
2015年度卒業研究発表
2015年度卒業研究発表
2015年度卒業研究発表

2月13日 葬祭マネジメント学科第15期生による、卒業研究発表会が開催されました。

好天にも恵まれ葬祭企業をはじめ、非常勤講師の先生方、卒業生、入学予定者、保護者、出版関係者等62名の参加をいただきました。

今年度は、「これからの葬儀業界を考える」をテーマに掲げ、4つの班に分かれ調査・研究を進めてまいりました。

たくさんの聴講者を前に、学生が1年間学んだ集大成を発表するに相応しい舞台が揃い、学生たちは不安と緊張感MAXで開会です。

テーマ①「若い世代対象の終活」

若い世代(20代・30代を中心)に葬儀の知識を持ってもらいたい!

と新しい終活の形を提案しました。

若い世代へ投げかかることによって子から親へ。また、おじいちゃん、おばあちゃんへと三世代が葬儀への知識や意識を持つようになる。

家族間での関心を高め、重要性を理解してもらおうと、親しみのある終活を考えました。

2015年度卒業研究発表
2015年度卒業研究発表

国民的アニメ「ドラえもん」の葬儀を想定しての模擬葬儀を、仏式の流れを説明しながら実演しました。

テーマ②「未然に防ぐ対策~トラブルとクレーム~」

究極のサービス業であるからこそ、葬祭業界においてのクレーム“ゼロ”はお客様満足度追及への大きな指針と考え、起こりうるトラブルやクレームを想定して、未然に防ぐ対策を模索しました。

2015年度卒業研究発表
2015年度卒業研究発表

実際の起こり得るクレームを動画で再現し、防止策を提案しました。

テーマ③「追及~今の葬儀業界に何が足りないのか~」

葬儀社の「心に寄り添う」「あたたかい葬儀」「ご遺族の想いを」といったコンセプトは、どういったカタチでどれくらい消費者に伝わっているのだろうか。

これから葬祭業界に携わる私たちに求められるものは何か。必要なものは何かを考えました。

2015年度卒業研究発表
2015年度卒業研究発表

葬儀社と一般の方へ街頭アンケート調査を行い、葬儀への満足度を調べました。

テーマ④「提案!新しい自由葬のカタチ~現代社会の葬儀意識から考える~」

人々の生活が変化するにつれて、葬儀に対する意識も大きく変化してきました。今後、無限の可能性をもつ自由葬が増えていくのではないと考え、今までにない新しい自由葬を提案しました。

2015年度卒業研究発表
2015年度卒業研究発表

新しい自由葬は家族の想いを込めた「自由想」と銘打って提案。今までとの違いはメモリアルコーナーを作成して比較しました。

今回の研究発表では、各班ともこれからの葬儀は「人の心が大切」であると結論がでました。

故人様とご家族の希望をどれだけ汲み取れ、提案できるか。そのためにはお客様の求めるものを素早く察する力が必要です。スンダイ卒業生には、お客様に癒しを与え安心を提供できる、そんな葬儀人になって欲しいと思います。

2015年度卒業研究発表
2015年度卒業研究発表

参加者の方から、たくさんの意見やアドバイスをいただきました。ありがとうございます。

2015年度卒業研究発表
2015年度卒業研究発表

受付内に、片桐先生をイメージして白木祭壇を設営しました。生花装飾も全て学生たちの手で作成し、その完成度の高さに参加者からも好評でありました。

2015年度卒業研究発表
2015年度卒業研究発表

オリジナルエンディングノートや、葬儀社新規出店計画などの制作展示ブースも大盛況!

それぞれの案内・説明も学生が行いました。

2015年度卒業研究発表

発表会終了後の懇親会でも、たくさんの意見交換を行い、有意義な時間となりました。

2015年度卒業研究発表
2015年度卒業研究発表

講師の先生からは1年間の成長を褒めてもらえ、みんな満面の笑みです。

2015年度卒業研究発表

新年度入学予定の方も、在学生から学校生活と就活のアドバイスをもらうなど、交流を深めました。

2015年度卒業研究発表

さあ、あとは卒業式を迎えるのみです。15期生のみなさん、お疲れ様でした!

また、ご参加いただきました方々には感謝申し上げます。ありがとうございました。