小豆沢墓苑に行ってきました。

2013/5/30

本校の卒業生の関田さん(7期生)が勤める、小豆沢(あずさわ)墓苑(東京都板橋区)を訪問しました。 小豆沢墓苑は、屋内でありながら、天井高が高く三面が開放され光と風がふりそそぐ屋内墓所と、小豆沢公園と一部地続きの緑あふれる屋外墓所を併せ持つ、立体墓地です。

また、家族の一員である「ペットも共に眠れる」墓所もご用意してあり、現代のニーズに対応する「お墓のあり方」を提案してあります。

屋上にある永代供養墓の説明を受けました。

屋上にある永代供養墓の説明を受けました。
ペットも一緒に入れるところもあります。

関田さんは在学中に課題のレポート作成のため小豆沢墓苑を訪れました。その時、住職の考え方が気に入り、ここに就職することになりました。現在は、霊園管理業務の他、広報も担当しています。また、定期的に広報誌も発行しています。

施設の案内は、昨年、本校を卒業した松田さんにしていただきました。小豆沢墓苑は法要室や会食室、遺体安置室も備え、葬儀や法要も可能となっています。永代供養墓を始め、さまざまなタイプの墓所、墓石についても説明していただきました。

デザインの墓石

屋内墓所にはデザインの墓石があり、
ネーミングも凝ったものが多く
可愛いイラストなどもありました。
故人への思いが伝わります。

この度は、関田さんのご配慮により、施設見学とともに、霊園の運営や管理業務について学ぶ機会をいただきました。
学生は従来のイメージと全く異なるお墓に驚くとともに、霊園の仕事についても理解できたようです。

関田さんの霊園業務の説明を熱心に聞き入りました。

関田さんの霊園業務の説明を熱心に聞き入りました。
お墓のイメージが大きく変わりました。

関田さん及び小豆沢墓苑の皆様お忙しいところありがとうございました。