オリエンテーションを実施しました!!

2013/4/9

入学式に先立ち、新入生オリエンテーションを4月1日に実施しました。

茶話会のあと経王寺本堂で住職と一緒に記念写真

茶話会のあと経王寺本堂で住職と一緒に記念写真

入学者は10代から20代が中心となる非常にフレッシュな顔ぶれとなりました。一通り学校生活についての説明のあと、自分について知って欲しいことや1年間の目標などを含め、それぞれが自己紹介を行いました。

その後、葬祭関連施設の見学のため、後期で行っている「宗教と葬儀」の授業に講師を派遣していただいている、一般社団法人仏教情報センターの互井観章(たがい かんしょう)専務理事が住職を務める経王寺を訪問しました。

訪問日は毎月1日に開かれる心灯会が開催される日で、一般の参加者に混じり参加させていただきました。

心灯会とは短い詩や文章をモチーフに仏教の教えをベースにした法話と瞑想を行うもので、葬儀に関する法話のあと、日蓮宗のお題目を唱え、心と体をリフレッシュしました。

参加者全員で声を出した後には、茶話会があり、桜を見ながら、神楽坂の和菓子職人が心をこめて作った季節の和菓子を食べ、仏教についてと葬儀の意味についてのお話を聞きました。

新入生はこれから目指す葬祭業への就職に向けて胸を膨らませながら、真剣に話を聞いておりました。

稲荷鬼王神社の社殿を見せていただきました。

稲荷鬼王神社の社殿を見せていただきました。

その後、同じく「宗教と葬儀」の講師を務める大久保宮司を訪ねて、稲荷鬼王神社を訪問しました。

稲荷鬼王神社は、厄を除き福を授ける鬼の王様の名を持つ全国で唯一のお宮です。

宮司から境内社を案内していただき、普段見られない社殿の内部も見せていただくなど、感激もひとしおでした。

1年間よろしくお願いします。