祭壇・祭具の組み立てを実体験しました。

2012/7/30

7月24日(火)~7月27日(金)、葬儀空間の設営を体験する集中授業を実施しました。

本校では実習系の授業としてフューネラル・ディレクティングがあります。その授業を補完するため、夏期の期間に集中して祭壇設営の実務技能を学習しています。今年度も室内幕の装飾とともに仏式及び神式の祭壇の設営を実際に行ってみました。

講師が祭壇設営の実演を行った後、祭壇の上モノの説明を受けました。組立方や配置の基本を学んだ後、3班に分かれて、室内幕の装飾と祭壇の設営、そしてご遺体の搬送をグループごとに行いました。室内幕を張り祭壇を設営すると、いつもの実習室が葬儀式場に早変わりしました。
実際の現場でも白木の祭壇を設営する機会は減ってきておりますが、葬儀の基本を学ぶという意味では、貴重な体験となりました。

フューネラルビジネスフェア2012

仏式の場合での設営体験(学内の実習室にて)

神式の祭壇は仏式の祭壇と異なり、上モノの種類や道具も全く異なります。葬儀の流れの説明を受け、神式の葬儀についての理解を深めました。座学の授業が多いなか、現物をみながら実際に体を動かし体験すことによって、より知識が深まったようです。

フューネラルビジネスフェア2012

神式の場合での設営体験(学内の実習室にて)

この授業を最後に、しばらく夏休みに入ります。
皆さんお疲れ様でした。