クラスサポーター制度がスタートしました

2012/4/18

クラスサポーター制度がスタート

学生たちも真剣に話をきいていました。

駿台では今年度から、クラスサポーター制度が始まりました。

クラスサポーター制度とは、クラス担任と一緒に皆さんの勉強・就職活動をサポートする副担任制度です。学校生活や就職、資格試験などにも気軽に相談できる存在です。

葬祭マネジメント学科には、2名のクラスサポーターがいます。その1名である佐藤先生は、葬祭業界出身者でもあるので、自己体験に基づいた就職活動の苦労話や成功談、また葬祭業界の現状について、第1回のホームルームで話しました。みんな真剣な眼差しで聞いていました。 今後もクラスサポーターは学生にとっても身近で頼れる存在となっていくことでしょう。