エンディングノートを使った豊島区生涯学習講座を実施しました

2012/9/27

 9月24日(土)午後、豊島区生涯学習(Open School 2011)「生前に準備しておくこと、エンディングノートの書き方」を実施しました。
本講座は、今年5月から実施しています「これだけは知っておきたい、葬祭早分かり」シリーズ第4回目として、主に葬儀の生前準備やエンディングノートの書き方について学ぶ講座です。10月1日からドキュメント映画『エンディングノート』がロードショー公開されるなど、エンディングノートへの関心が高まっています。
当日は、テキストともに本校葬祭マネジメント学科が発行したオリジナルエンディングノート「きずなノート」の項目に沿って記入するとともに、介護や医療、葬儀の心構えや安心できる葬儀社選びなどを解説しました。
参加者はすでにノートを持っているが記入が進まない方や、ご友人に渡したいと「きずなノート」をお買い求めいただいた方もいらっしゃいました。

なお、「葬祭早分かり」シリーズは今回で終了しますが、同様のお葬式講座を10月17日から、としま未来文化財団の文化カレッジ講座を開催いたします。場所は、「おばあちゃんの原宿」として知られる巣鴨地蔵通り商店街の一角にある「巣鴨地域文化創造館」です。

豊島区生涯学習(2011)
テーマ 「直葬から考える自分らしい葬儀とは?」
日程 10月17日~11月7日(月曜)
       午後2時~3時30分(全4回)
場所 巣鴨地域文化創造館(中山道待夢)  豊島区巣鴨4-15-11  
電話03-3576-2637
詳細 としま未来文化財団のHP
http://www.toshima-mirai.jp/course/college.html#sugamo
生前に準備しておくこと、エンディングノートの書き方
生前に準備しておくこと、エンディングノートの書き方

駿台ホテル&トラベル専門学校葬祭マネジメント学科 
オリジナルエンディングノート「きずなノート」