【学校行事】葬祭マネジメント学科・スポーツフェスティバルに参加しました!

2010/11/12

11月3日(祝)、本校のスポーツフェスティバルを埼玉・飯能の駿河台大学で開催しました!
この時期とは思えないほど汗ばむほどの晴天に恵まれました。うっすらと色づき始めた木々に秋の気配も楽しみながら、各種目とも熱戦で盛り上がりました♪

スポーツフェスティバル
埼玉・飯能の駿河台大学で開催

学生代表による選手宣誓のあと、ラジオ体操で体をほぐして競技がスタート!
夕暮れ近くなるまでグラウンドは歓声と熱気に包まれていました。
葬祭マネジメント学科は、高卒で入学した19歳の若者が二人いるものの、最高年齢は50代後半と、年齢の幅が全校でも一番多い学科。
この日一日は、全員が年齢を忘れて楽しく各競技に取り組みました!
中には、仕事がどうしても休めず、泣く泣く欠席となった人も。 働きながら学んでいる人もいる夜間部ならではの悩みですね……。
しかしながら、人数の足りない競技については、駆け付けてくれた卒業生や教職員もサポートに入ってやり抜きました。
頑張りすぎたな~、と思った方は、どうぞ体のメンテナンスをしっかりやってくださいね?! では、葬祭マネジメント学科の活躍の数々を、ご覧ください。

玉入れでは、教職員もサポート

玉入れでは、教職員もサポート。「思わず無心になって頑張っちゃいました。楽しかった~」そうそう、結果も大事ですが、力を合わせて、楽しんで取り組むってことが一番大切ですよ!

二人三脚も、なかなか軽やかな足取り

二人三脚も、なかなか軽やかな足取りですね! コースが結構長いこともあり、ずっと息を合わせて走るのって見た目より大変なんですよ~

二人三脚も先生が助っ人に入ってくれました

先生も助っ人に入ってくれました。 3人で足並みを揃えるのは大変そう…でもありますけど、それ以上に、楽しそうな表情が印象的ですね~。

大縄跳び

大縄跳びは、8人で連続して何回跳べるかを競う種目です。 先生や助っ人さんも総動員して頑張ったんですが……結果は12回で、ちょっと残念でした。 (ちなみに優勝したチームは70回も跳んだそうです!)

綱引き

毎年、見ている方も出ている方も熱の入る種目が綱引きです。
大人パワーを発揮…したいところでしたが、やっぱり若者の熱気には少し及ばなかったかな?
この綱引きや二人三脚では、全日制のブライダルコースの学生さんたちにも助っ人に入ってもらいました。婚礼と葬祭が協力し合う…本校ならではの組み合わせですねっ♪

集合写真

参加できなくなってしまった方も多く、最初は不安も少しありましたが、一日楽しく過ごしました!
お揃いのユニフォームのおかげもあってか、気合いも入りましたね。
ちなみに、右袖の白黒の縦縞は、通夜や葬儀で使われる鯨幕をイメージしたものだとか。 さすが、葬祭マネジメント学科。
そして、左袖には担任の武田先生のお名前を取って「武田組」と書いてあります。
また胸のハートマークは、思いやりの気持ちを忘れない葬祭業界人になるための決意を表します。
人間の想いに深く関わる「葬祭」という仕事について学んでいるのだという、重みを感じますね。