課外(前期)授業を実施

2010/6/26

最初は葬祭専門会社最大手の公益社(本社:大阪・東京)の、川崎事業所を訪問しました。資材管理の状況や生花部など、葬祭ディレクターをサポートする業務の内容について学びました。整然と並べられた葬儀備品に感心するとともに、多くの人の協力で葬祭業が成り立っていることを知りました。
その後、同社が運営する用賀会館を訪問しました。ニーズの変化に合わせてリニューアルされたもので、施設全体にわたって、使い勝手の良さ、洗練された身のこなしや、遺族や会葬者に対するキメの細かい配慮が感じられました。

セレモニーホール大成

続いて、大成祭典(本社・東京都品川区)が運営するセレモニーホール大成Ⅰを訪問しました。
最寄駅から徒歩5分と利便性に優れた葬儀式場で、大切な家族とのお別れの時間をゆっくりと過ごせるように配慮し、家族葬向けにリニューアルしたものであります。社員の意見を汲み上げて設計されたもので、細部にも遺族や会葬者に対する配慮がみられました。

同窓会「すだち会」も参加した懇親会

葬儀式場をじっくりと見学させていただくとともに、実際の業務内容について詳しく説明していただき、自分たちが目指している仕事の一端を肌で感じることができました。

課外授業終了後は、同窓会「すだち会」も参加した懇親会が行われ、在校生と卒業生との交流の場となり、夜遅くまで盛り上がりました。