「おくりびと」の技術を学ぶ

2008/11/17

かつて自宅で亡くなることがあたり前であった時代、「死後の処置」や「納棺」は家族や親戚、隣近所の人たちの手で行われていました。しかし、近年、亡くなる場所の8割が医療機関に移ったことから、「死後の処置」は医療従事者(看護師など)の仕事となり、「納棺」はこの映画の主演の本木雅弘さんが演じている納棺師と呼ばれる専門家に委ねられるケースが増えてきました。
本学科では、納棺の専門家に出講していただき、その技術や心構えを学んでいます。

「おくりびと」の技術を学ぶ
「おくりびと」の技術を学ぶ