課外授業(前期)を実施

2008/6/7

前期の課外授業を実施しました。
 最初は、メモリアルアートの大野屋(本社・東京都豊島区)が運営するリコルド田園調布を訪問しました。「我が家のようなくつろぎの空間で、お別れのときをお過ごしください」というコンセプトでコーディネイトされた「フューネラルリビング」という空間の独自性と、その環境の上質さに一同、感動しました。また、遺族の身の回りの世話や会葬者への対応を行うコンシェルジュのたたずまいや洗練された身のこなしが印象に残りました。

メモリアルアートの大野屋・リコルド田園調布
メモリアルアートの大野屋・リコルド田園調布

 次に、葬祭専門会社最大手の公益社(本社・大阪市)が運営する、首都圏での最新斎場、公益社会館たまプラーザを訪問しました。施設全体にわたって、使い勝手の良さ、遺族や会葬者に対するキメの細かい配慮が感じられました。また、同社の社員教育や同社が期待する社員像についての講義もしていただき、参加者一同、たいへん勉強になりました。

葬祭専門会社最大手の公益社・公益社会館たまプラーザ
葬祭専門会社最大手の公益社・公益社会館たまプラーザ

 課外授業終了後は、同窓会「すだち会」主催の懇親会に参加。在校生と卒業生との交流の場となりました。また講師の方々も合流し意見交換が活発に行われ、夜遅くまで盛り上がりました。