2018/5/24

エアライン学科

テーブルマナー講座(メゾンポール・ボキューズ)

エアライン学科では入学して、まず最初にテーブルマナー講座の実習を行います。将来目指すサービス業界の接客スキルの高さを、身を持って体験するためです。

テーブルマナー講座(メゾンポール・ボキューズ)
テーブルマナー講座(メゾンポール・ボキューズ)
テーブルマナー講座(メゾンポール・ボキューズ)

場所は、代官山にあるメゾン ポール・ボキューズです。

フランスのリオンにある本店は、50年以上、ミシュランガイドブックで3つ星を獲得し、フランス料理の最高峰と言われます。その店のシェフであった現代フレンチの巨匠ポールボキューズ氏は、今年1月に91歳で亡くなりました。

驚くことには、彼は地元パリの出店を断ってきたにも関わらず、ご自分の名前を冠した店を唯一、日本に出店されました。 彼が伝えた食への寛容さと伝統、更に創意への敬意は、日本のこの店にも至る所に伝承されています。

お食事は、フランス料理のフルコース。

お魚料理と、お肉の料理の間には、通常グラニテというお口直しが出されますが、5月中旬にも関わらずとても暑い日でしたので、グレープフルーツのスープをシャーベットに仕立ててくださいました。

テーブルマナー講座(メゾンポール・ボキューズ)
テーブルマナー講座(メゾンポール・ボキューズ)
テーブルマナー講座(メゾンポール・ボキューズ)

美味しいお食事と、幸せを感じるおもてなしの時間をありがとうございました。

メゾンポールボキューズの皆様に感謝申し上げます。

午前中に始まった講座も、帰る頃には、陽が西に傾いていました。

学生にとっては、「食事」をこんなにゆっくりと楽しんだのは初めての経験ではなかったでしょうか。

テーブルマナー講座(メゾンポール・ボキューズ)
テーブルマナー講座(メゾンポール・ボキューズ)