【ホテル学科】テーブルマナー研修 ~模擬結婚式~ | 駿台トラベル&ホテル専門学校

2017/12/13

ホテル学科

テーブルマナー研修 ~模擬結婚式~

テーブルマナー研修 ~模擬結婚式~

ホテル学科2年は実地研修として、「模擬結婚式」を実施しました。

研修会場は都内有数の専門結婚式場である『リビエラ青山』で行い、ホテルの業務に携わる人間として必須の、テーブルマナーの実践的な勉強を兼ねた模擬結婚式を体験しました。

新郎役・新婦役は学生が担い、模擬結婚式とはいえ、本物と全く変わらない挙式を執り行いました。

この式場の披露宴で提供される料理の一部は、同じ建物内にある、自社菜園で育てた食材で調理されます。

スタッフの方は結婚式や披露宴の仕事のみならず、菜園での仕事もあり、お客様への食の安心と安全までお届けし、みんなで作り上げるをモットーに日々お仕事されています。

学生たちは、ほぼ全員が結婚式へ参列した経験がなく、招待状が届いたらどのように返信すればよいのか?どんな服装で行けばいいの?ご祝儀袋の書き方は?いくら包めばいいの?

今までほとんど関心がありませんでしたが、今回の模擬結婚式を通じて大人のマナーを学ぶことができました。

テーブルマナー研修 ~模擬結婚式~
テーブルマナー研修 ~模擬結婚式~

まずは、受付にて『本日はおめでとうございます』と声をかけてご祝儀袋をお渡しし、芳名帳に氏名を書きます。

ご祝儀袋の記入方法やどのタイミングで渡せば良いのか?戸惑いながらも何とかクリアーできました。笑

本物の牧師さん、本物の聖歌隊、プロカメラマンも入って厳粛に執り行われ、列席者の学生は本物さながらの挙式に感動して涙を流す姿も見受けられました。

挙式のあとは、披露宴です。

披露宴でも実際と変わらないテーブルコーディネートでプロのサービスマンとプロの司会者の進行で行われました。

主賓挨拶、乾杯挨拶、ウェディングケーキ入刀、お色直しとセレモニーが続き、お食事へと手際よく進行しました。

1年生の時は「和食のテーブルマナー」を学びましたが、今回は「洋食のテーブルマナー」の実践的に勉強しました。作法に気を配りながらも美味しくいただきました。

テーブルマナー研修 ~模擬結婚式~
テーブルマナー研修 ~模擬結婚式~
テーブルマナー研修 ~模擬結婚式~

今回の挙式と披露宴のプラン作りやサービスの担当を行っていただいたこのお二人はなんと、駿台トラベル&ホテル専門学校の卒業生でした。

仕事内容や学生時代に学んでおいた方が良い事など、丁寧にアドバイスいただきました。

特に『聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥』は心に残りました。

学生のうちに、わからないことはしっかり聞いて覚えること、しかし社会人になったら人に聞く前に、まず自分で調べて覚える人になりたいと先輩方のお話をお聞きし、肝に銘じました。

今回の研修を通じて、社会人としての常識を学ぶことができ、業界人としても大人としても少し成長できたと感じます。

リビエラ青山の皆様、わからない事だらけでしたが親切なご指導ありがとうございました。