2015/12/4

エアライン学科

ハイジャック・テロ対策講話

ハイジャック・テロ対策講話

みなさんは、日本で初めて起きたハイジャック事件として有名な「よど号事件」をご存知ですか?

1970年3月31日、羽田空港発福岡空港行きの日本航空351便がハイジャックされた事件です。

「よど号(淀号)」とは、ハイジャックされた機の愛称で、当時の日本航空は保有する飛行機1機ごとに愛称を付けていたそうです。

エアライン学科の講師で元客室乗務員の吉野先生は、まさにその事件が起きた飛行機に、客室乗務員として乗務されていました。

エアライン学科の1年生では例年、その時のお話を吉野先生から講話をいただきます。

ハイジャック・テロ対策講話

近年、世界のあちこちでは、テロ事件が深刻化しています。

華やかに見える客室乗務員の一番の責務は、お客様の安全を担う「保安要員」であることです。

TVで放送された再現ドラマを見て、更にこの体験談をお話いただくと、身が引き締まる思いがします。