2015/12/1

鉄道学科

国内研修旅行 in 九州

国内研修旅行 in 九州NO.5

鉄道学科では、「国内ツアープランニング」という授業があります。

学生自身が旅行を企画して、それを発表し、催行するというスンダイらしい授業です。日々の授業では「旅行業務取扱管理者」「旅程管理主任者」の資格取得勉強に励んでいるので、その勉強も活かせるのです!

今回の企画課題は、「JR九州D&S列車での研修旅行」です。

スンダイの卒業生でJR九州に勤務の保戸田麻衣子さん(千葉県立市川昴高校出身)から、九州を旅する楽しさを勉強させていただき、研修旅行の内容を考えました。

そして、チームごとにプレゼンテーションした結果・・・

福岡・大分・熊本「行きよればひっでる感動のほほえみ」に決定しました!!

※JR九州のD&S列車(デザインと物語のある列車)

プレゼンテーションの様子はこちら

国内研修旅行 in 九州

それでは、実際の研修旅行の様子をご覧ください!

<1日目> 羽田空港~福岡空港―博多駅―由布院駅―熊本駅

国内研修旅行 in 九州
羽田発JAL305便にて福岡に向かいます 
国内研修旅行 in 九州

福岡空港から地下鉄で博多駅へ  

国内研修旅行 in 九州
ゆふいんの森3号 入線
この列車に乗るために羽田空港に
6:30集合しました。
国内研修旅行 in 九州
パーサーの方の
きめ細かなサービスに大満足!!
国内研修旅行 in 九州
沿線の景色もパネルに書いて、
旅気分を盛り上げてくれます。 
国内研修旅行 in 九州
由布院観光協会 生野様による由布院の歴史と JR九州との連携についてお話いただきました。
※由布院駅の待合室はギャラリーになっています。
国内研修旅行 in 九州
由布院では、金鱗湖まで散策
国内研修旅行 in 九州
観光馬車も由布院駅が発着場所
国内研修旅行 in 九州
由布岳と金鱗湖 絵になりますね!
国内研修旅行 in 九州
金鱗湖で記念撮影
国内研修旅行 in 九州
再び、ゆふいんの森4号で
久留米へ
国内研修旅行 in 九州
新幹線さくら561号。
20分の乗車で熊本駅へ 
もっと乗っていたい。
国内研修旅行 in 九州
やっと熊本のホテルへチェックイン

<2日目> 熊本駅―人吉駅―熊本駅

国内研修旅行 in 九州
2日目は、SL人吉。乗車前から写真撮影でてんやわんや!またひとつ写真のコレクションが増えましたね☆
国内研修旅行 in 九州
前後の車両は展望車になっていてフリースペース。
※JR九州のD&S列車の特徴の一つです。
国内研修旅行 in 九州
車掌さんもサービス精神旺盛 
笑顔で撮影に 応じてくれました。
ありがとうござました。
国内研修旅行 in 九州
列車から手を振る・沿線の方が
列車に向かって 手を振る。 
“手を振る運動”実施中
国内研修旅行 in 九州
え~!! 
線路内に立ち入って撮影していいの?  
途中の白石駅 停車中の光景。
寛大なJR九州さんに感謝します。
国内研修旅行 in 九州
人吉駅前。
お城の形のからくり時計 
国内研修旅行 in 九州
人吉駅。転車台
国内研修旅行 in 九州
人吉城跡
国内研修旅行 in 九州
国宝 阿蘇青井神社
国内研修旅行 in 九州
人吉鉄道ミュージアム
MOZOCA ( もぞか ) ステーション868
(もぞか=当地の方言で「小さい」、「かわいい」) 
国内研修旅行 in 九州
熊本への帰りは、「九州横断特急」

<3日目>熊本城―熊本駅―阿蘇駅―熊本空港~羽田空港

国内研修旅行 in 九州
いよいよ最終日、熊本城へ
開門前の“おもてなし武将隊”の口上。
気分は戦国時代へ 
国内研修旅行 in 九州
国内研修旅行 in 九州
国内研修旅行 in 九州

復興された本丸御殿には、「昭君之間」があります。豊臣秀頼公をお招きした時に使う一番りっぱな部屋。

国内研修旅行 in 九州
熊本駅に戻り
「あそばーい!101号」乗車
国内研修旅行 in 九州
車内は、キャラクター犬のくろちゃん一色 
国内研修旅行 in 九州
立野駅
この後、スイッチバックで阿蘇へ向かいます。
国内研修旅行 in 九州
阿蘇駅
阿蘇の雄大な景色を見ながら昼食を取ってから 熊本空港~羽田空港へと帰着しました。

・ゆふいんの森 ・新幹線さくら ・SL人吉 ・九州横断特急 ・あそぼーい!

それぞれ デザインやコンセプトの違う5つのD&S列車に乗ってきました。

どの列車もすばらしいのですが、共通しているのは人的なサービスが優れていることでした。

各列車のパーサーさん・車掌さんは、笑顔と乗客を楽しませようとする「心遣い」が感じられました。

大きな荷物を預ける場所を考えていなかった失敗もありましたが、JR九州と地元観光地との共同観光誘致の姿、地元に愛されているJR九州を感じることができた3日間となりました!