2015/8/10

エアライン学科

国立西洋美術館見学

国立西洋美術館見学

エアライン学科では2年生になると社会人前の学習として、国際人の素養を身に付ける授業があります。

海外都市事情の授業では、その一環として色々なテーマごとに世界の都市を研究します。その中でも、将来自分が行きたい世界の美術館、自分のお気に入りの絵や画家を調べ、クラスの中でプレゼンテーションを行います。

その後、実際に都内の美術館に行って本物の絵を見てさらにレポートを書きます。

今年は上野の国立西洋美術館に行きました。

クロード・モネの絵

女性に人気のクロード・モネの絵が、上野には沢山あります。 
これは有名な「水連」

ロダンの「考える人」
ロダンの「考える人」
ロダンの「地獄の門」

ロダンの「地獄の門」

ジミーさんが調べたロダン。

「考える人」は実は考えているのではなく、地獄の門の上に居て、この門をくぐらねばならぬ人間を見下ろしているのだということです。

ジミーさんはこれを、「見下す人」と命名。

エアライン学科2年生と西郷隆盛銅像

エアライン学科2年生と西郷隆盛銅像

事前のプレゼンテーション風景

事前のプレゼンテーション風景です。

画家の生い立ちや、様々なエピソードを交え楽しく発表してくれたので、たいへんおもしろくおかしく芸術の知識を身に付けることが出来ました。

だいたいにおいて、有名な画家というのは、変人奇人も多く、極貧生活や、病気に苦しみ早逝する人も多かったのだ、ということでみな共感。

プレゼン
同じクリムト

関屋さんは、大好きなクリムトをプレゼンテーションしました。 偶然、斉藤さんも同じクリムトでしたが、二人は同じ作家の同じタイトルの絵でありながら、 年代の違った作風の違う絵それぞれ「抱擁」を選びました。

それぞれの心に、「一枚の絵」をしまって。

将来、世界中の美術館を訪れ、その本物を見に行きたいという気持ちを大切に。