2015/7/17

鉄道学科

国内ツアープランニング

国内ツアープランニング

夏休み前の「国内ツアープランニング」の授業で、自分たちが行く鉄道学科の今年の国内研修旅行の旅程を決めるプレゼンテーションを行いました。

この授業は、“知識”を身に付けることより、“考える”こと“調べる”こと そして、最後に“プレゼンテーション”を通じて聴衆を説得・賛同を得ることを目指します。

最後に学生の投票によって今年の国内研修旅行が決まるのです。この日は、いつにも増して緊張します。

なぜ緊張するかというと、JR九州の本校卒業生や旅行会社の方や教務の先生方が何人も後ろで見ているので、すごいプレッシャーです。

今回の鉄道学科のプレゼンテーションの特徴は、在校生と卒業生、担任の競演です。卒業生と担任も自分で考えた旅程をプレゼンしました。経験や立場、考え方の違う発表を聞いて、在校生は感心するばかりでした。

<企画・発表 条件>

参加者:鉄道学科 1年生

行先(方面): 九州

必須条件 :JR九州DS列車体験

発表時間 :10分(各グループ)

<国内研修旅行タイトル>

① 行きよればひっでる感動のほほえみin九州

②秋の九州満喫の旅

③北九州・中九州を巡る旅

④九州へレッツゴー

⑤火の国 九州浪漫鉄道の旅(卒業生)

⑥<JR九州大研究>就職祈願と阿蘇の大自然に触れる秋旅(担任)

国内ツアープランニング
国内ツアープランニング

JR九州本校卒業生や旅行会社の方や教務の先生方より 励ましのコメントや “旅程に無駄・無理がある” “内容が薄い” “発表姿勢に問題あり” など厳しいコメントをいただきました。

どれも在校生には本当にためになるものばかりでした。

また、旅行会社勤務の卒業生のプレゼンテーションは“さすが先輩”と成長した姿を見せてくれました。

今年の鉄道学科 国内研修旅行は、学生投票の結果

行きよればひっでる感動のほほえみin 九州」に決定しました。

「行きよればひっでる感動のほほえみ」とは??「行けば思わずでる感動の微笑み」という意味だそうです。

<トラベル学科卒業生 発表者>

JTBガイアレック 橋本雄平さん(東京都立足立高校出身)
阪急トラベルサポート 上岡義仁さん(私立水戸啓明高校(茨城)出身)

<オブザーバー参加>

JTBコーポレートセールス  ワンケー様 
JR九州東京支社 保戸田麻衣子様(トラベル学科卒業生)

ご参加いただきましたみなさま、本当にありがとうございました。