2015/6/15

トラベル学科

はとバスツアープランニング

はとバスツアープランニング
はとバスツアープランニング
はとバスツアープランニング

■ヒットは地味の積み重ね!?

ツアーに先立ち、株式会社はとバス 定期観光部副部長・企画課長 江沢伸一さまの講演会を開催!!

江沢様は、『「はとバス」ヒットの法則㉓』の著者であり、『工場夜景ツアー』などのロングセラー企画を生み出し、ブームを起こした敏腕プランナー。

貴重なお話を真剣に聴こうとする様子が、1年生の表情と姿勢から伝わってきます。

はとバスツアープランニング
はとバスツアープランニング

顧客満足に力を入れている同社の取組みのひとつに、「はがきチェック会議」があります。

ツアーに参加したお客様からの感想、お礼、お叱りといった意見一つひとつを、 現場から役職者までの全社で受け止め、向き合っていくという、大変地道な仕事です。

今回、実際に寄せられたはがきを特別に見せてくださったのですが、 プロジェクターに映し出された一言一句を、学生たちは前のめりに読んでいました。

生の情報を見たことでリアリティが増し、日々の実習経験とも重なって、少しドキドキしますね。

大きなホームランを打つことは難しい。ヒットの量産が大切」と、江沢様は締めくくりました。

特別なことはしておらず、日常の小さな工夫や改善の積み重ねであると。

ツアープランニングに一番必要なことは「気づき」。ふだんの生活の中で興味を持った事を、形にしていく力を持つ事が大切との事でした。

単調になりがちな日々の学びや失敗こそ、最も大事にしてほしいというメッセージです。

将来、学生それぞれの「ヒットの法則」を作ってくれると期待しています!

はとバスツアープランニング
はとバスツアープランニング

■オリジナルツアーに出発!

さあ、講演で気が引き締まったあとは、いよいよツアーが始まります。

はとバス人気の『下町ここイチ(浅草散策)』という既存のツアーに、学生たちがアレンジを加えたオリジナル半日都内観光です。笑顔のステキな乗務員さんと黄色のはとバスに迎えられ、いざ出発!

穏やかで丁寧なガイドの高橋さんは、ご案内の合間に、様々なお客さまに合わせて話すためのアドバイスをくださいました。

話の内容やボリュームを調整するほか、お客様を旗の元へ誘導する際には、ツアー客以外の周囲の人たちにも気を配るなど、どれもご自身の経験に裏打ちされた説得力がありました。

<行程>

巣鴨信金前(12:00)→浅草「米久」にて昼食→浅草観音と仲見世散策→

東京スカイツリー(車窓)→東京タワー大展望台→レインボーブリッジ(通過)→お台場(下車)→

銀座・皇居・国会議事堂(車窓)→巣鴨信金前(18:00)

国内研修旅行
「東京タワー大展望台」
展望台まではエレベーターで、あっという間。
足元が透けて見える窓ガラスから下を覗き、
初めて高さを実感しました。
国内研修旅行

「浅草観音と仲見世散策」
大勢の外国人と修学旅行生の
間を縫いながらの参拝と散策。

はとバスツアープランニング

ドライバーの上野さん、ガイドの高橋さん、大変お世話になりました。

次回、お会いする時は「仕事で」かもしれませんね!

トラベル学科の国内研修旅行は、プランニング、準備、運営、添乗まで、すべて学生たちが行います。

今回の経験が生かされたプランニングを期待します。