2015/6/11

トラベル学科

横浜ツアープランニング

横浜ツアープランニング

文字どおりの「五月晴れ」の下、横浜に実施研修に行きました。

今回の目的は、神奈川県観光局が運営する「神奈川チカタビ」サイトへ掲載する企画を作り、提案をするため、事前に「国内旅行実務」の授業内で学んだツアープランニングの方法に従い、予め考えたルートを回り、実際に形にするため横浜を訪れました。

「国内旅行実務」の授業では、観光に関する総合的な知識を勉強しています!!

横浜ツアープランニング
横浜ツアープランニング

横浜市開港記念会館は、大正6年に開館した横浜開港50周年を記念して建てられた国の重要文化財です。

こちらを会場とし神奈川県観光協会の大須賀あや様に講演を行っていただきました。

「神奈川チカタビ」とは―

①距離が近い ②地域を身近に感じる ③親近感がある

以上を軸に考えられたプランです。

現在人気のツアーでは少額の費用で以下のような特別感が味わえます。

「普段は一般公開されていない魚市場内にある超低温冷蔵庫に入ることができる」

「酒造りのプロ(杜氏もしくは酒蔵関係者)が案内する酒蔵見学」

横浜ツアープランニング
横浜ツアープランニング

つづいて、横浜大桟橋国際客船ターミナルを訪問しました。

迎えて下さったのは指定管理者である、相鉄企業株式会社の金木伸浩様と地島浩司様。

2グループに分かれ詳しいご案内をいただきました。

斬新なデザインは鯨をイメージ。

階段を作らず緩やかなスロープで移動したり、船を見送りやすい高さを考えて設計したりと、様々な工夫が随所に見られます。

桟橋の機能だけでなく、ヨガ、コンサート、ハワイイベントなどで、建物を使用することで、客船とは関係のないお客様も集客しているそうです。

横浜ツアープランニング
横浜ツアープランニング

この日は、たまたまイタリア船籍の豪華客船が入港しました。

ベイブリッジの下をギリギリの高さでくぐる様子から着岸する瞬間まで見学することができ、とてもラッキーでした。

大桟橋で解散した後は、魅力的な企画を作るため、実際に足を運びルートの確認や、関係機関への交渉、金額の設定等をしながら、有意義な1日を過ごすことができました!!

現在、「国内旅行実務」の授業内でツアープランニングの続行中。

みんな本気で頑張っています!

企画が採用され「チカタビ」サイトに掲載となったら、またHPで報告しますね!