2014/12/9

全学科

鉄道学科

秋の鎌倉&江ノ島へ 学生レポートNo.1

秋の鎌倉&江ノ島へ 学生レポートNO.1

鉄道学科・塩冶拓巳さん(岩倉高校(東京)出身)とエアライン学科・鈴木明日香さん(七戸高校出身)、 ブライダル学科・滝澤あいさん(入間向陽高校出身)は学科を乗り越えて意気投合し、 就職活動中もお互いに励まし合いながら絆を深めました。

早々に就職内定がとれ、社会人になる前の学生最後の秋の1日を楽しみました!!

三人はスンダイのオープンキャンパスの学生スタッフとして活躍していただいています。

今回は塩冶さんのツアープランで、鎌倉と江ノ島を訪れた様子を紹介します。 掲載写真は塩冶さんの作品です。

本格的なカメラを持ち研修旅行などでもクラスメイトの写真撮影をしたりしています。

それでは、塩冶さんの素敵な写真と共に、楽しいひと時のレポートをお楽しみください!!

竹林
まっすぐ空へと伸びる竹林に心が厳かな気持ちに。
思わず黙って見上げてしまいました!
お参り
お参りして・・・。

ブライダル・エアライン・鉄道と学科が異なった3名が「どこかへ行こう!」という話になり、秋の鎌倉・江ノ島へ行ってきました。朝8時30分、戸塚駅に集合した3人は横須賀線に乗り込み、いざ鎌倉へ!

平日にもかかわらず、北鎌倉駅や鎌倉駅はたくさんの観光客で賑わっていました。

天気は快晴。当日は随分暖かい気候に恵まれました。

さて、最初に目指す場所は報国寺。美しい竹林があるとホテル学科の生徒から噂を聞きつけ、行ってみることにしました。

バスに揺られ10分、歩いて5分。閑静な住宅街のような場所にある報国寺に到着。 まだ朝ということもあってほぼ貸し切り状態の竹林へ。まっすぐに空へと伸びる立派な竹が我々を包み込むように迎えてくれ、厳かな気持ちに。

鶴岡八幡宮への移動中、ふと思い出したのは頼朝の墓。そういえば近くにあったはずと昔の記憶を思い出そうとした時、目の前に案内の看板があるじゃありませんか。

せっかくなので寄り道し、長い急階段を上って墓前へ。ところが挨拶をする前に「疲れた」と一言。頼朝様の前でなんたる失態、鎌倉時代なら義経のように追われる身になったことでしょう。息を整え、手を合わせてから鶴岡八幡宮へ。

鶴岡八幡宮
鶴岡八幡宮に到着!
大仏
天候にも恵まれ、思い出に残る写真が撮れました。

鶴岡八幡宮の次は江ノ島方面へ。鎌倉駅までは小町通りを歩いて行きました。

たくさんの商店が軒を連ねるこの通りは、人でごった返していました。そして何より、美味しそうな食べ物の誘惑がいっぱい!いい匂いが食欲をそそります。時間は11時、昼食までもう少しですがクレープを食べてしまいました(笑)デザートは別腹だそうです。

鎌倉駅に到着し、ここからは江ノ電に乗車。観光に便利な一日乗車券を購入しました。

次に目指すは高徳院大仏。最寄りの長谷駅まで約10分、相変わらずの混雑。これも江ノ電らしさです。

さて、高徳院に到着。ここで大仏のちょっとした紹介を。鎌倉を代表する観光地の大仏ですが、実は開山、開基は不明。大仏の造像の経緯についても史料が乏しく、不明な点が多々あるそう。

定説では1250年頃に建てられたようですが、本当のことは大仏様自身しかわかりません。身長は11.39メートル、体重は約121トンです。

NO.2へつづく