2014/8/13

トラベル学科

トラベル学科1年
国内研修旅行プレゼンテーション

トラベル学科1年国内研修旅行プレゼンテーション

トラベル学科では「旅行企画」という、自分たちで旅程を企画し、プレゼンテーションを行い旅行のプランニングから準備、添乗業務まで旅行業務をトータルに体験しながら学ぶ授業があります。

先日、トラベル学科恒例の国内研修旅行プレゼンテーションを実施しました。研修旅行の行先は、プレゼンテーション実施後の投票で決定します。

エントリーは下記の8チームです。

  1. 「日本再発見の旅」~世界遺産白川郷と日本の文化について~
  2. 「東北の三原色」 
  3. 「九州大満喫」~観光列車で巡る絶景探しの旅~
  4. 「函館と札幌へ Let it Go!」 
  5. 「SUMMER AGAIN」~時計を脱ぎ捨て南国へ~
  6. 「でっかいどう食べつくし(You何キロ太った?)」 
  7. 「陰陽山参」~いっさんきに みないきまぁか~ 
  8. 「ちょこっと香川~瀬戸内の夕日と日本海の夕日をみよう!!

JTBさん、HISさん、教務の先生方などの来賓も迎え、初めてのプレゼンテーションに緊張気味。

学生が作成したプレゼンテーションの画像をいくつかを紹介します!

プレゼンテーション
「SUMMER AGAIN」~時計を脱ぎ捨て南国へ~
「九州大満喫」~観光列車で巡る絶景探しの旅~
函館山に隠されたハート伝説

全チームが10分間のプレゼンテーションを終え、来賓からの講評も、大変レベルが高かったと好評価をいただきました。

午後は企業実習で時間のない中、プレゼンテーションの1分前まで打合せ、見直しをして、最大のパフォーマンスに仕上げました。

パワーポイントのアニメーションなどを駆使し、見せ方にもいろいろ工夫を凝らし、見ていて楽しい作品に仕上がっていました。

そして、いよいよ投票。学生たちは一番行きたいと思った旅行に一票を投じます。

投票の結果をまとめると、何と1位から5位まで一票差、僅差の結果、今年の研修旅行「日本再発見の旅」に決定いたしました。

「日本再発見の旅」~世界遺産白川郷と日本の文化について~
プレゼンテーション

「日本再発見の旅」の旅程を簡単に紹介します。

1日目:
羽田―富山、立山よりアルペンルートを走って室堂へ、山頂にて散策その後白川郷へ、宿泊は、合掌造りの宿
2日目:
白川郷散策―飛騨高山へ、高山祭屋台会館見学・散策後、金沢へ
3日目:
金箔貼り体験・ひがし茶屋街散策・着付け体験後、着物にて兼六園・武家屋敷散策、小松―羽田

日本の故郷の風景に出会え、着付けや金箔の体験もあり、まさに日本再発見の 旅になりそうです。トラベルの学生たちは、次は具体的な研修旅行の準備に入ります。

①旅のしおり、②添乗マニュアル、③添乗トーク集の作成 と、添乗業務の練習を行います。

今年のトラベル学科オリジナル国内研修旅行も楽しみです!!