学生が審査員として第1回 日本語スピーチコンテストに参加しました!!

2012/10/23

10月17日(水)、第1回 国際観光専科「日本語スピーチコンテスト」が開催されました。

留学生、日本人学生揃ってお疲れ様!

留学生、日本人学生揃ってお疲れ様!

留学生の一生懸命の発表に感動

留学生の一生懸命の発表に感動

駿台トラベル&ホテル専門学校には留学生対象の「国際観光専科」があります。本校で観光業界を目指すために来日し、「将来日本と母国の懸け橋となって観光業界で働きたい!」という夢を抱いた留学生を育成する学科です。観光専門知識、技術習得はもちろん、日本語能力のスキルアップも図れます。

日本語能力向上を目的に、「日本語スピーチコンテスト」を開催しました。留学生の皆さんが日本語能力と日頃の想いを発表し、優秀者3名が駿台専門学校グループ大会に出場できる選抜も兼ねています。
その審査員として、各学科の学生が5名、先生方と一緒に審査員を担当しました。日頃校内行事やハロウィン、クリスマスパーティーなど国際交流行事で触れ合いはありますが、留学生の体験や想いを聞くことができたのは学生審査員一同「とても良い体験ができた」と感激していました。

学生審査員、一人ひとりから講評

学生審査員、一人ひとりから講評を発表し、優秀者選抜にも積極的な意見も出ました。観光業界は多くの外国の方もおもてなしする仕事です。日本人も留学生も多くの外国の方と触れ合い、言葉だけでなく考え方、慣習など文化そのものを理解することが重要です。 駿台トラベル&ホテル専門学校では、今回の「第1回日本語スピーチコンテスト」を開催し、ますます国際交流の重要性を再確認しました。