【エアライン学科】F1 日本グランプリ in 鈴鹿サーキット~ パドックレストラン実習 ~

2012/10/16

1990年の鈴木亜久里以来、22年ぶりに日本の小林可夢偉が表彰台をゲットしたF1世界選手権第15戦!!

本校エアライン科の学生も例年通り、パドックレストランでの実習(任意参加)に、3泊4日で参戦!

F1日本グランプリ
記念写真 食事中
全員で記念写真

普段の授業でもお客様とのコミュニケーションについて学んだり、実習をしたりすることもありますが、1年生にとって今回の実習のようにヨーロッパ人に交じり英語だけでコミュニケーションをとったり、お客様と会話をしたりすることは初めてで、実に貴重な経験となりました。


さて今年の鈴鹿の感想は・・・参加した学生にインタビューしました☆

ヨーロッパ人男性の優しさにはビックリしました!
重いお皿を持っていると、必ずサッと来て持ってくれ、文化の違いを感じました。

りえな

クラブスイートの担当でした。
レース後、ウィニングランの際にグランドスタンドから可夢偉!可夢偉!可夢偉!の大コールが聞こえてきたときには、鳥肌がたちました。
歴史的な瞬間に居たんだと、後になって改めて感じました。

かな

F1マシン サイドポンツーン
記念撮影

シャンパン、ワインなどのボトルサービスは初めてだったので、わからない事ばかりでしたが、自分の英語でも伝えることができると自信がつきました!!

かほ

1年生の時よりも、きちんと英語でコミュニケーションが取れたことがとても嬉しかったです。
また今年は通訳の役割もさせて頂いたので、自分に自信がつきました!!

あやみ

配属は、カフェバーでした。スタッフは全員スペインの方だったので、スペイン語を勉強したくなりました☆

さちこ

レストラン

鈴木亜久里さんに名前を憶えて頂いて、嬉しかったです。
亜久里さんは真っ黒に日焼けした笑顔が印象的でした。実はそんなにすごい人だとその時は知らなかった・・・

みすず

F1マシン フロント

昨年に引き続き、今年で2回目の実習参加☆
1年ぶりに会ったF1スタッフの方々から「君が今年もいてくれて、本当に助かった」と言って頂けたことが、1番嬉しかったです。

まり

初日はとても緊張したけど、今年で2回目の参加となる2年生の先輩方が、困っているとすぐにカバーして下さいました。
とても頼もしくて、かっこよかったです。

ゆき