【地域行事】第2回SUGAMOハイスクールコンサート開催

2012/6/21

2012年6月18日(月)、本校がある巣鴨の地で「第2回 SUGAMO秋のハイスクールコンサート」が開催されました。
サブタイトルも「おばあちゃんの原宿で聴く、孫の演奏会」とあるように、とげぬき地蔵参拝のお年寄りが多い街、というイメージが強いようです。実は高校や専門学校がたくさんあって、若者も多い街なんです!
最近では年齢を超えて地域のみんなが楽しめるイベントを実施しようという気運も高まってきており、昨年秋の第1回ハイスクールコンサートが好評だったため、第2回の開催となりました。

今回も本校では第1回に続き、コンサートの司会と審査員としてお手伝いをさせていただきました。会場の提供も、企画も手配も運営も、みんな巣鴨近辺の事業所や学校の協力によるものです。
司会役は、ホテル学科2年の野口綾香さん(本所高校出身)にお願いしました。
審査員と開会の挨拶は本校の小林副校長先生が担当。

司会の野口さんと、最前列で審査する小林先生

司会の野口さんと、最前列で審査する小林先生

「たかが司会」と思われる方もいるでしょうが、お客様が聞き取りやすく話すのは結構難しいこと。臨機応変さも必要ですし、固有名称等にも間違いがないように、綿密な打ち合わせをして原稿もしっかり作っておきます。それでも当日に内容が変わったり、追加されたりと開始直前まで決まった形にはなりません。 リハーサルでも、早口になったり、口の中が乾いたりと緊張していましたが、本番を迎えると、なかなか堂々として、見事に大役を務めあげました。 演奏は本郷高等学校、京華学園、小石川中等教育学校の3校から5組が出場。さまざまなアンサンブルで生の音楽の魅力を伝えてくれました。また、出場校の演奏後には、特別ゲストとしてピアニストの伊賀あゆみさんによる華麗なピアノ演奏も披露されました。

JALエクスプレスCAと航空会社に内定した在校生

小石川中等教育学校からは2組出演

☆ホテル学科☆

本郷高校日本文化部は琴・三味線の演奏    京華学園は今回最多人数で参加

気になる結果は、このコンサートは順位を競う大会ではありませんので「パフォーマンス賞」として、本郷高校日本文化部のみなさんでした。男子高校生には珍しく、琴・三味線の演奏です。漏れ聞いた授賞理由も、「とにかく、一番楽しそうに演奏していた」だそうです。おめでとうございます。
そして、司会の野口さん、出演者のみなさん、お疲れ様でした。

■後援:巣鴨信用金庫・(社)全日本ピアノ指導者協会・(株)東音企画