【トラベル学科】JR西日本勤務の卒業生が遊びに来てくれました!

2011/12/2

就職先として最近ますます人気の高い鉄道会社。
2011年11月末に、西日本旅客鉄道勤務の本校卒業生が久々に遊びに来てくれました!

西日本旅客鉄道勤務の本校卒業生

本校トラベル学科卒業の内田宗一さん(写真中央)は、東京都出身で本校を2005年に卒業しました。
高校時代を過ごした私立岩倉高校は鉄道系の学校ということもあって鉄道会社への思いは強く、就職活動では東北地方から関西まで活動エリアを広げ、精力的に多くの鉄道会社を受験したそうです。そして結果として、長年夢に描いてきた鉄道マンになることができました。

現在は、西日本旅客鉄道(JR西日本)で山陽新幹線の新大阪~博多間で車掌として乗務しています。就職した年にJR福知山線の事故があり、そのときはちょうど三田地区の駅に勤務していたそうです。 「お客様から直接、厳しい意見をいただくこともありました。鉄道会社の役割や責任、現場を預かる職員はどうあるべきかなど、改めて真剣に考えました」。

そんな内田さんも、専門学校へ進む際には現実を客観的にとらえ、もし鉄道会社への夢がかなわなかったらどんな分野がいいだろうというところまで考え、鉄道とも関連の深い旅行業界を第二志望として、両方の勉強ができる駿台へと進学を決めたそうです。
「結果的にはその選択のおかげで自分の視野が広がり、それが第一志望への就職につながったんだと思います」と持ち前の人懐っこい笑顔で話してくれた内田さん。

今回は帰省の折に、本校の懐かしい先生方の顔を見に寄ってくださいました。 これからもその笑顔を絶やさず、鉄道マンとして安全で快適な運行を担っていってくださいね!