【エアライン学科】テーブルマナー講習を行いました!

2011/5/19

テーブルマナー講習を行いました!

2011年5月16日(月)、課外研修として、エアライン学科の1年生が「テーブルマナー講習」を受講しました!
場所は、ミシュランでも星付きレストランとして紹介されているフランス料理の有名店、ひらまつ本店です。 今回は食事のマナーを学びに行くだけでなく、社会勉強としてTPOにふさわしい服装についても「スマート・カジュアル」のドレスコードに基づき、自分でコーディネートを考えてもらいました。 つい2ヶ月前までは、学校の制服か私服か、というような普通の高校生だった1年生。「どんな服装がいいんだろう?」と家族と話し合った人もいたようですね。 身だしなみや服装は、自分だけの都合ではなく周りの人の感じ方にも配慮したものであるべき、というのが社会人の考え方です。これはサービス業を志す人間としては、絶対に備えていてもらいたい素養の1つでもあります。

レストラン到着後は、調度品も素晴らしい館内やギャラリーを見学させていただき、総支配人の陣内様から講話をいただきました。
そして、いよいよ食事開始。
ランチとはいえ、内容は本格的なフランス料理のフルコースです。メインディッシュは、「柔らかく煮込んだ牛肉とフォアグラのキャベツ包み・香り高い赤ワインソース」。キャビア、トリュフと並んで世界三大珍味(高級食材)として名高いフォアグラは「実際に食べるのは初めて」という学生も! その濃厚な味にうっとり……。そして、テーブルサービスには2011年3月に卒業した先輩、ブライダル学科卒の大野未来さん(草加南高校出身)も加わってくださり、そのスマートなサービスぶりにまたうっとり……。

また、最初の講話だけでなく一品ごとの料理の合間にも、陣内様がおもてなしの心や、栄養源としてだけではない「食」の持つ意味、一流の接客、テーブルマナ-など、多岐に渡るお話をしてくださいました。

本格的なフランス料理のフルコース

学生たちは、講話中の態度はもちろん、慣れないフォークとナイフ使いに悪戦苦闘しながらも食事のマナーなどについてきちんとできていたのは立派でした☆。 ドレスアップによって、いい意味で高揚感や緊張感が持てたのかもしれませんね。

「レストラン」という空間やその仕事について、ただ普通に食事を目的として行っただけでは感じることのできない奥深さについて知ることができ、大変有意義な講習となりました。 またそこで働く方々と身近に接するところから学んだ部分も多かったのではないでしょうか。

いつかまた、そしてその時はぜひ、エスコートしてくれる紳士と一緒に行ってくださいね☆。