1/18 ブライダルコース卒業制作「模擬結婚式・披露宴」発表

2011/1/27

2011年1月18日(火)に、ホテルグランドヒル市ヶ谷にてブライダルコースの卒業制作である、模擬結婚式・披露宴を行いました。

この卒業制作は、ブライダルコースに在籍する学生全員が役割を分担して、企画から招待状や小道具の作成、司会進行、照明・音響、宴会サービスに至るまですべて学生の手で執り行うというもので、実際のホテルを使って実施するという形式では今回で5回目となります。

会場内の独立型チャペルにて人前結婚式、そして会場を変えて宴会場にての披露宴と、実際の結婚式・披露宴と同様の流れで実施しました。

今年のテーマは「アラビアンナイトの世界」。

テーマパークでもおなじみの夢の世界をモチーフにして、参列者もスタッフも一体になって楽しく賑やかにお祝いをしようというコンセプトで構成されました。

チャペル結婚式

チャペルでの結婚式は、仲人を立てず、宗教的な誓約も行わない人前結婚式。
アラビア風ということで新婦を先導するフラワーガールもアラビア風衣裳で登場し、通常の結婚式とは一味違う個性的な雰囲気を醸し出していました。

人前結婚式では、神仏の代わりにご参列の方々に二人の結婚に対する承認と祝福をいただきます。結婚指輪交換のあと、二人の結婚をご承認くださる方には新婦用の冠と新郎用のレイをお回しし、入場時にお渡しした花を一輪ずつ差し込んでいただくようお願いしました。

最前列まで回る頃には、きれいな花々で彩られた花冠とレイがすっかり完成。それを新郎・新婦がそれぞれに贈りあい、皆様の前で改めて結婚を宣誓しました。

人前式

式のあとはライスシャワーで祝福の言葉をいただきながら、グランドヒル市ヶ谷の名物(?)でもあるオープンカーでホテルの入口まで移動 。
本物の結婚式に間違えられることもあるくらい、「幸せ」の雰囲気があふれる場面です。

卒業制作「模擬結婚式・披露宴」

模擬披露宴

披露宴はさらに「アラビアンナイト~千夜一夜物語~」を元に作られたラブストーリーとして「物語のような楽しい披露宴」として構成されました。

ウエルカムボードも、魔法のランプが添えられてどこかアラビア風……。

ここでは、新郎を「アラジン」、新婦を「ジャスミン」と称し、魔法のランプの精(ナレーションのみで登場)も加わって宴が進行していきます。

教務部長による来賓挨拶のあと、新婦の友人役がアラビア風の衣裳でにぎやかなスピーチと乾杯の発声をし、会場には開始直後からエンターテイメントな空気が流れます。

披露宴は、魔法のランプの精に、新郎新婦が3つのお願いをする、という形で進行していきます。

まず、第一のお願いは「ゲストの皆様にとびっきり美味しいお料理をお出しして欲しい!」というもの。
ナレーションのあと、各テーブルには料理が運ばれます。そして、アラビア宮殿風にデザインされたウエディングケーキへの入刀、ファーストバイトへと続いていきます。

ファーストバイトは、新郎と新婦がそれぞれケーキを食べさせ合うというもの。新郎からは「食べ物に一生困らせない」という誓いを込めて、そして新婦からは「毎日私の手料理を食べてください」という願いを込めて行われるもので、最近の結婚式では定番の一つとなっているセレモニーです。

ケーキカットのセレモニー

卒業制作では、衣裳やヘアメイク、テーブルサービス、司会進行、照明・音響、記録用の写真や映像の撮影まですべて学生たちが役割を分担して進行します。 ブライダルコース全員が力を合わせてこの日のために準備をし、それぞれの2年間の想いを込めてたずさわります。

すべて手作りの模擬結婚式

さらにランプの精への第二のお願いは「お客様に楽しんで頂ける余興を!」というもの。
ここで新婦役はカラードレスで登場。お色直しの衣裳は、ジャスミンのイメージに合わせたさわやかで少しエキゾチックなデザイン。セルリアンブルーとパープルを組み合わせて、高貴なお姫様の雰囲気を表しました。
お楽しみの余興は、やはりアラビア風の衣装を身につけた通称「ハピサマ隊」によるダンスパフォーマンス。モーニング娘。の「ハッピーサマーウエディング」に合わせて笑顔でキュートな踊りを披露してくれました☆

お客様に楽しんで頂ける余興を!

ダンスが終わったあとは、新郎・新婦が各テーブルへと挨拶に回ります。
ここでは、新郎が「ランプの精の魔法の力を借りて、マジックを披露する」という小技も効かせていました。新郎がそれぞれのテーブルでコインのテーブルマジックを披露して、新婦が手作りのクッキーを配ります。もちろん、このクッキーの製作もラッピングも学生たちが担当しました!

新郎・新婦が各テーブルへと挨拶に回ります

そして最後、第三のお願いは「今まで支えてくれた方々に感謝の気持ちを込めて、皆さんの幸せがずっと続くようにおまじないをかけて欲しい!」というものでした。ランプの精の誘導に従って「アルフ・ライラ・ワ・ライラ(アラビア語で、千夜一夜物語の原題)」という言葉をおまじないとして会場全体で唱えます。

そして会場の壁面にはランプの精からのプレゼントとして星空の映像が映し出されました。

また、雲のじゅうたんをイメージして、各テーブルでドライアイスによる演出が行われるなど、夢の世界の要素があちこちにちりばめられていました。

そして新郎新婦は「魔法のじゅうたんが迎えに来ている」という司会の言葉で退場します。夢の世界からの新たなる旅立ちという、希望にあふれる形でのお開きとなりました。

新郎新婦退場後は、実行委員による挨拶があり、エンドロールが流れました。
模擬結婚式・披露宴のメイキング映像、そして指導担当の先生方へのお礼とサプライズプレゼント(これももう定番となりました!)で締めくくりとなりました。

ゲストの退場では、実際の結婚式と同様に新郎新婦がお開き口でお見送り。
写真の通り、今回新郎役は2名、花嫁役は3名で務めました!

学生生活はあと少しですが、社会に巣立ってもいつまでも思い出に残る一日となったのではないでしょうか。みなさんの、今後のご活躍をお祈りします!

みなさんの、今後のご活躍をお祈りします!