【トラベル学科・トラベル学科夜間部】
旅程管理主任者(ツアコン)・添乗実地研修実施

2010/9/2

トラベル学科とトラベル学科夜間部の希望者を対象に、今年も旅程管理主任者研修を行い、8月2日(月)にバス添乗実地研修を行いました。旅程管理主任者研修は、事前に資格対策授業が2日間、実地研修に向けての講習を2日間とみっちりと行います。実地研修に向けて、学生たちはトークの内容や自分の役割分担を各自でシミュレーションして、当日に臨みます。

バス日帰り旅行の添乗という設定で行われた研修は「新宿西口集合~箱根・芦ノ湖~沼津御用邸~伊豆・浄蓮の滝~沼津土産店~新宿」という盛りだくさんな内容でした。添乗中は、参加者が交互に添乗員役を実践します。まずは駅集合時の点呼。そしてバス車内ではマイクを使っての車内トーク。観光地ではお客様のご案内と時間管理、スタッフ間の打ち合わせ等、添乗員には気を抜くヒマはありません。

車内トークでは、敬語の使い方、表情、声の出し方、話す速度、話しグセなど、インストラクターが細かくチェックし、一人ひとりに合ったアドバイスをしてくれます。頭の中ではわかっていても、実践してみると思うようにいかないなど、学生たちもそれぞれ自分の課題が見つかったことでしょう。

二度・三度と車内トークを経験するうちに別人のようにトークがスムーズになる学生もいて、たった一日ですが大きな実りがあったことと思います。

旅程管理主任者(ツアコン)・添乗実地研修
旅程管理主任者(ツアコン)・添乗実地研修
記念写真