【ホテル学科】前期企業実習壮行会!

2010/6/10

先生方からは激励の言葉をいただいたり、重要な連絡事項の確認がありました。

先生方からは激励の言葉をいただいたり、
重要な連絡事項の確認がありました。
いよいよ実習に行くんだな…
という実感がじわじわと湧いてきます。

本校ではホテル学科のシティホテルコース、テーマパーク・リゾートコース、ブライダルコースで、約3ヶ月半の長期企業実習が必修となっています。

いよいよその前期実習が始まるということで、6月4日に実習者への壮行会が行われました。

教務部長や先生方からは、以下のようなさまざまな激励のコメントをいただきました。

「学校のモットーである笑顔と挨拶がすべてのコミュニケーションの基本。挨拶だけでなく、返事やお礼なども含めて、きちんと言葉と表情で伝えること」

「最初からすべてを完璧にできる人はいない。変な遠慮はせずわからないことはきちんと確認しよう」

「不慣れな世界に入るのだから、メモ帳は必携。大事なことはすべてメモをとる癖をつけよう」

「何事にも、積極的で前向きな姿勢を見せよう」

「楽しいだけの実習では意味がない。辛さや悔しさを経験してこそ、それが後の糧となる」

実習前の先生の講話

「実習って、そんなに大変なのかな……」と不安に思う人もいるかもしれません。でも、どんな世界でも「仕事」となると、100%満足とか楽しい、ということはありません。実習はそれを体感する場でもありますが、それ以上に「達成感」を味わうことができるのも事実です。担当したお客様が喜んでくださった、ありがとうとお礼を言われた…など。

仕事がうまく運んだ時の、背中がゾクゾクするような、胸がジーンとするような満足感が、この仕事の醍醐味でもあります。

今の笑顔を、よりステキな笑顔へとグレードアップさせて。

そして、ちょっぴり大人になって帰ってくる日を、楽しみにしていますよ★