2019/10/9

日帰り研修旅行in上野・浅草

日帰り研修旅行in上野・浅草

国際観光専科1年生は、毎年日本の歴史や文化への理解を深める為に日帰(ひがえ)り研修旅行を実施(じっし)しています。

今年度は台東区(たいとうく)・上野公園(ない)にある国立(こくりつ)西洋(せいよう)美術館(びじゅつかん)浅草(あさくさ)へ行ってきました。

国立西洋美術館には世界の有名な芸術家(げいじゅつか)の作品がたくさんあり、モネやピカソなどの絵画(かいが)や「考える人」で有名なロダンの彫刻(ちょうこく)展示(てんじ)されています。

美術館の建物(たてもの)自体(じたい)も、20世紀(せいき)を代表する建築家のル・コルビュジェにより設計(せっけい)され、2016年に世界文化遺産(いさん)になりました。なんと今年で開館(かいかん)60周年です!

日帰り研修旅行in上野・浅草
世界文化遺産である本館の前で「はい、ポーズ!」

芸術に触れた後は、上野から浅草に移動。

代表的な観光地でもある「 浅草寺(せんそうじ)」や「雷門(かみなりもん)」、そしてお土産屋(みやげや)さんが(のき)(つら)ねる「仲見世(なかみせ)(どお)り」を(めぐ)りました。平日にも(かか)わらず、右も左も観光客でいっぱいです。

学生からは「外国人観光客に人気なお土産はなんですか?」と、お客様を案内する立場からの質問も出てきていて、とても素晴らしいです!

実際(じっさい) に日本の歴史や文化に触れ、上野や浅草の魅力を観光客のみなさんに紹介できるようになりましたね。

みなさん、お疲れ様でした。

日帰り研修旅行in上野・浅草
浅草の象徴(しょうちょう)「雷門」前