2019/6/10

実地研修(江戸東京博物館・東京スカイツリー)

国際観光専科1年生は実地(じっち)研修(けんしゅう)江戸(えど)東京(とうきょう)博物館(はくぶつかん)と東京スカイツリーに行ってきました。

入学して1ヶ月、初めての実地研修です。クラスの交流・ 親睦 ( しんぼく ) を深めることも目的のひとつですが、旅行・ホテルのスペシャリストとして 実務 ( じつむ ) に役に立つ 知識 ( ちしき ) 習得 ( しゅうとく ) することも目的としています。

江戸東京博物館も東京スカイツリーも訪日(ほうにち)外国人(がいこくじん)に人気の観光スポットです。当日も多くの外国人観光客が来ていました。

江戸東京博物館は 江戸の町並(まちな)みや、人々の暮らしがわかる展示(てんじ)も多くあり、当時の様子がよくわかります。ボランティアガイドさんに説明していただき詳しい説明を受けることもできます。江戸時代の庶民(しょみん)の生活が良くわかりましたね。

実地研修(江戸東京博物館・東京スカイツリー)
実地研修(江戸東京博物館・東京スカイツリー)

江戸東京博物館のあとは、両国(りょうごく)国技館(こくぎかん)近くにある「ちゃんこ鍋」のお店で昼食をいただきました。

「ちゃんこ」はお相撲さんの食事のことで、「ちゃんこ鍋」を食べるのは初めての学生がほとんどでしたのでみんな楽しそうに食べていました。

食事の後は歩いて東京スカイツリーに向かいました。東京に来る外国人が多く訪れる東京スカイツリーは、旅行業界・ホテル業界を目指す人は一度は訪れておくべき観光スポットです。

スカイツリーに登ったり、ソラマチで買い物したりと思い思いの時間を過ごしていました。お天気にも恵まれた中、人気の観光スポットを巡ることができ、知識を増やすことできました。

実地研修(江戸東京博物館・東京スカイツリー)
実地研修(江戸東京博物館・東京スカイツリー)