2018/2/20

防災館へ行ってきました!

防災館

本校では旅行業とホテル業への就職を志す学生に、お客様の大切な命を預かる仕事という防災の観点から、毎年2月に池袋にある防災館に行き、地震・火事など災害時(さいがいじ)対応(たいおう)を学ぶ特別授業を行っています。

緊急時の心臓(しんぞう)マッサージやAED(自動体外式除細動器)の使い方などの救急(きゅうきゅう)処置(しょち)も学び、更に、東日本(ひがしにほん)大震災(だいしんさい)や熊本地震等甚大(じんだい)被害(ひがい)(こうむ)った地震列島である日本だけに、「自分の身は自分で守る」(すべ)を習得させます。

例えば、震コーナーでは大規模(だいきぼ)地震(じしん)()れを体験し、震災時(しんさいじ)の対処方法を学びました。

日頃のんびりしている学生も真剣(しんけん)に取り組んでいました。

消火コーナーでは、消火器(しょうかき)の使用方法を学びました。

本物の消火器を使い、実践(じっせん)練習を行いました。救急(きゅうきゅう)コーナーでは、心臓(しんぞう)マッサージとAEDの使い方を学びました。

講師の方から心臓マッサージをすることで多くの人の命が(すく)われると聞き、みんな真剣(しんけん)心臓(しんぞう)マッサージの研修を受けていました。

続いて、AEDの使い方も学びました。公共(こうきょう)の場所では、よく目にするAEDですが、使い方はもちろん、AEDが何なのかを知らない学生が多く、大変勉強になりました。

トラブルに遭遇したくはありませんが、万一の時、今日学んだことを実践(じっせん)して一人でも多くの人命を救えるようになれるといいですね。

防災館での研修の後は毎年(まいとし)(こう) 例、池袋から巣鴨の本校まで歩いて帰るプログラムが残っています。

地震の時には交通(こうつう)機関(きかん)が使えず、歩かなければいけないことも発生する為、実践しております。

普段あまり歩かない学生も、クラスメートと一緒だけに、泣き言言わず、約1時間かけて巣鴨まで帰ってきました。

防災館
防災館
防災館

今回の特別授業では、災害時(さいがいじ)対応(たいおう)救急(きゅうきゅう)処置(しょち)などを学びました。

旅行業とホテル業はお客様へのサービス面に眼が行きがちですが、お客様の安全・安心を提供することも非常に重要な点です。

学生にとって今日の授業は役に立つことばかりでした。

とても丁寧(ていねい)に、親切に教えてくださった防災館のみなさん、ありがとうございました。

半日あまりではありましたが、学生にとって、とても有意義(ゆういぎ)経験(けいけん)だったと思います。お疲れ様でした。