2018/1/19

模擬結婚式&披露宴

模擬結婚式&披露宴

国際観光専科のホテル&ビジネスコースでは、2年生のカリキュラムの中にブライダルの授業があります。

毎年一年間勉強してきたことの成果(せいか)を確認する為に、学生(みずか)ら手作りの模擬 (もぎ)結婚式 (けっこんしき)を2クラス、A・B・Cの3グループ(計6グループ)に分けて行いました。

新郎(しんろう)新婦(しんぷ)はもちろん、司会、主賓(しゅひん)介添人(かいぞえにん)新郎(しんろう)新婦(しんぷ)のお世話(せわ)(がかり))、キャプテン、音響、照明などすべてを学生が担当します。

披露宴(ひろうえん)の司会はとても重要(じゅうよう)役割(やくわり) です。その為、披露宴の前に、ブライダル担当の先生からしっかり指導を受けます。 台詞 ( せりふ ) も多いですし 尊敬語 ( そんけいご ) 丁寧語 ( ていねいご ) 等難しい言葉もたくさんあります。

大変な役割ですが、日本語の勉強にもなります。担当した学生は日本語の難しい表現もスムーズに話せるように何度も何度も練習しました。

その結果、本番では無事(ぶじ)やり()げることができました。

模擬結婚式&披露宴
模擬結婚式&披露宴

披露宴(ひろうえん)では、もちろん新郎(しんろう)新婦(しんぷ)主役(しゅやく)ですが、それを(まわ)りで(ささ)えるスタッフが大勢(おおぜい)います。

キャプテンはパーティー全体をまとめる仕事、音響(おんきょう)照明(しょうめい)はパーティーを盛り上げる仕事です。どれもとても大切な仕事です。

また、日本(にほん)独特(どくとく)主賓(しゅひん)挨拶(あいさつ)乾杯(かんぱい)発声(はっせい)は、先生からアドバイスをいただきながら原稿(げんこう)を自分で考え、発表します。

みんなの前でスピーチをする事で、プレゼン力やパフォーマンス力がつきました。

模擬(もぎ)披露宴(ひろうえん)()めくくりとして新婦が両親にむけて手紙を読みます。

新婦本人が心を()めて両親に書いた感謝の手紙は、とても感動的でした。最後に、新郎は出席者に向けてお礼のスピーチをして終了しました。

模擬結婚式&披露宴
模擬結婚式&披露宴

結婚式を自分たちで作り上げたことで、改めて日本文化や日本の婚礼(こんれい)習慣(しゅうかん)についても勉強できました。

国際観光専科の留学生にとって、この日の授業は学生時代最後のとても良い思い出になったことでしょう。

駿台にはこんな楽しい授業もあります。1年生の皆さんは、来年も素敵な披露宴を作りあげていきましょう。