2016/2/15

災害・緊急時に備えて防災センターに行きました

災害・緊急時に備えて防災センターに行きました

国際観光専科では毎年2月に、池袋にある「 防災館 ( ぼうさいかん ) 」に ( ) き、 地震 ( じしん ) 火事 ( かじ ) など 災害時 ( さいがいじ ) 対応 ( たいおう ) を学ぶ 特別授業 ( とくべつじゅぎょう ) があります。

また、 心臓 ( しんぞう ) マッサージ・AEDの使い方などの 救急処置 ( きゅうきゅうしょち ) も学びます。

旅行業もホテル業も、お客様の大切な命を ( あず ) かる仕事です。

災害時には、お客様を 安全 ( あんぜん ) 避難誘導 ( ひなんゆうどう ) しなければなりませんし、お客様の身に何かあった時には 応急救護 ( おうきゅうきゅうご ) もしなければなりません。学生たちは、 真剣 ( しんけん ) に取り組みます。

災害・緊急時に備えて防災センターに行きました

【地震コーナー】

もしも地震にあった時には、まず「 自分 ( じぶん ) ( ) は自分で ( まも ) る」ことが大切です。

実際に地震にあった時にどのように自分の身を守るか、どのように行動すればいいのかを学びました。

実際に5年前の東日本大震災の揺れ( 震度 ( しんど ) 7)を体験しました。

消火 ( しょうか ) コーナー】

消火コーナーでは、消火 ( ) の使い方を学びました。

今まで消火器を使ったことのない学生が多く、 実際 ( じっさい ) に火事に 遭遇 ( そうぐう ) した時に使えるように、 本物 ( ほんもの ) の消火器で使い方を 実践 ( じっせん ) しました。

ふだんから消火器がどこにあるのかを確かめておくことが大切だということを知りました。

【救急コーナー】

ここでは、心臓マッサージとAEDの使い方を学びました。

心臓マッサージは思った以上に体力を使います。ふだんからあまり運動していない学生にとっては、かなり大変な作業だったようです。

人の命がかかっていますので、みんな真剣に心臓マッサージの練習をしました。

災害・緊急時に備えて防災センターに行きました 災害・緊急時に備えて防災センターに行きました

授業の最後は、池袋から巣鴨の学校までの道のりを地図を見ながら歩いて帰るプログラムです。

地震が起きた時には、電車、バスなど公共交通機関が全て使えなくなる可能性があります。

そのための訓練として、地図を見ながら歩き、時間や距離の感覚を確かめます。

学生にとって、とても 有意義 ( ゆういぎ ) 経験 ( けいけん ) になりました。