2014/12/24

模擬結婚式

模擬結婚式

ホテルマネジメントコースでは、日本の文化を学び、ホテルで重要なお仕事のブライダルを学ぶ授業があります。

毎年12月に一年間勉強してきたことの成果を確認するために、学生の手で作り上げる模擬結婚式(もぎけっこんしき)をA・B・Cの3グループに分けて行います。

新郎新婦(しんろうしんぷ)はもちろん、司会、主賓(しゅひん)介添人(かいぞえにん)(新郎新婦のお世話係)、キャプテン、音響(おんきょう)照明(しょうめい)などもすべて学生が担当します。

会場は校舎内にあるセレモニーホールを使用し、装飾(そうしょく)やテーブルセッティングも学生が行います。

模擬結婚式
模擬結婚式
模擬結婚式
模擬結婚式

司会は披露宴でとても重要(じゅうよう)役割(やくわり)です。披露宴(ひろうえん)の前に、先生からしっかり指導(しどう)を受けます。台詞(せりふ)も多いですし(むずか)しい言葉もたくさんあり、大変な役割ですが、日本語の勉強にもなります。

披露宴では、もちろん新郎新婦が主役(しゅやく)ですが、それを周りで支えるスタッフが大勢(おおぜい)います。介添人は、新郎新婦のお世話係です。着席(ちゃくせき)移動(いどう)の時に新婦のドレスをととのえたり、イスをひいたりして、見えないところで二人を支える仕事です。キャプテンはパーティー全体をまとめるお仕事で、他のスタッフに指示するので、パーティーでの司令塔的(しれいとうてき)な役割をしています。

音響や照明もパーティーを盛り上げる効果(こうか)があるのでとても大切な仕事です。主賓(しゅひん)の挨拶、乾杯(かんぱい)の発声は、自分で原稿(げんこう)を考え、発表します。みんなの前でスピーチをするので、パフォーマンス能力(のうりょく)がつきます。

模擬結婚式
模擬結婚式

披露宴では、余興(よきょう)(パーティーでのアトラクション)も楽しみのひとつです。 各グループでダンスや歌などを練習して楽しく披露宴を盛り上げてくれました。

模擬結婚式
模擬結婚式

模擬披露宴の()めくくりとして新婦が両親にむけての手紙を読みます。新婦本人が心を込めて両親に書いた手紙は、とても感動的でした。新郎は出席者に向けてお礼のスピーチをします。内容は自分で考え、敬語(けいご)も使い、とても上手(じょうず)にスピーチができました。

記念撮影

今回の授業で、日本の結婚式について勉強したことで、日本(にほん)文化(ぶんか)習慣(しゅうかん)などについても勉強できました。留学生にとって、とても良い経験になったと思います。この経験は将来、きっと学生のみなさんの役に立つことでしょう。

駿台にはこんな楽しい授業もあります。次回はみなさんの番です。また楽しい披露宴を作りあげましょう。

ホテルマネジメントコース2年生のみなさん、お疲れ様でした。