日中通訳案内士試験合格速報★

2013/11/18

速報!!日中通訳案内士 筆記試験(一次試験)全科目合格!

2013年8月25日(日)に国家試験である通訳案内士試験の筆記試験(一次試験)が本校を
準会場として実施され、国際観光専科日中通訳案内士(ガイド)コースの学生も受験しました。

中国語の通訳案内士試験は、例年筆記試験の合格率が10~15%という超難関です。

その合格発表が11月15日(金)に行われ、
本校の「国際観光専科日中通訳案内士(ガイド)コース」に在籍する
馮 超(ふう ちょう)さんが、見事合格しました。

馮 超(ふう ちょう)さん おめでとう

今後、二次試験となる口述試験が待っています。一次(筆記)試験通過者の二次(口述)試験の合格率は、例年90%前後と高く、しかも母国語である中国語での口述試験ですので、一発合格を期待しています。がんばってください!!

また、一部科目に合格した本校の学生の情報も順次ニュースに掲載してお知らせしますので、楽しみにしていてください☆

通訳案内士試験

外国人に付き添い、外国語を用いて観光案内をする「通訳案内士(通訳ガイド)」になるには、観光庁長官が実施する「通訳案内士試験」に合格しなければなりません。

最近の試験では、受験者の内、日本人受験者と外国人受験者の割合が、約半分ずつになってくるなど、外国人からも注目されている資格です。

特に留学生には、日本での就職に有利な資格となっています。

なお、本校は通訳案内士筆記試験準会場として指定されており、今回の筆記試験では、在校生と卒業生がいつもの校舎で受験することができました。