【日中通訳案内士コース】“日中通訳案内士試験”1次試験 合格発表!!

2012/12/4

 8月26日(日)に実施された“日中通訳案内士試験”の1次試験結果が発表されました!

この試験は、言語に関する試験としては日本で唯一の国家試験であり、 日中通訳ガイドになるためには不可欠な試験です。試験科目は言語だけでなく、通訳ガイドとして必要な知識も問われますので、“中国語、地理、歴史、一般常識”の4科目で実施されています。
全国平均合格率14.8%(平成23年度)の難しい試験です。

駿台の日中通訳案内士通訳コースでは、この4科目を効率良く集中的に勉強することで毎年“科目合格者”を出しています☆

4月に入学した時点では“日本の地理、歴史、一般常識”などの知識がない状態でも、8月末の試験で4科目すべてに合格し、資格を取得して旅行会社で活躍している卒業生もいます。
本年度の科目合格者は“中国語1名、歴史3名、一般常識3名”でした!!また1年生で2科目に合格した学生もでました☆
合格した科目は来年免除になりますので、残りの科目の合格を目指して、頑張ってほしいと思います!
そして今年惜しくも合格できなかった学生も、将来日本で通訳ガイドの仕事をすることを目標に、合格を目指して頑張っていますので、これからも教職員一同、応援していきます♪

“日中通訳案内士試験”1次試験 合格

今回、科目合格した5名の皆さん、おめでとうございます!!
引き続き頑張って下さいね☆