東京国立博物館見学☆

2012/10/16

コキアのアート

コキアのアート
(注)コキア…植物。
箒(ほうき)木(ぎ)・箒(ほうき)草(そう)ともいう。
実は「畑のキャビア」とも呼ばれる
秋田名産の「とんぶり」。

2012年10月6日は、東京国立博物館の「留学生の日」でした。本校国際観光専科の学生にもこの機会に実際に日本の美術を見て、日本文化への理解を深めてもらおうと見学会を実施(じっし)しました。
また「日本の歴史と文化」という授業で学んでいることを、より具体的(ぐたいてき)に確認(かくにん)することも目的でした。
今年創立(そうりつ)140年を迎(むか)える東京国立博物館は、最近「トーハク」と呼ばれ、また「トーハクくん」というゆるキャラなども登場(とうじょう)し、ずいぶん親(した)しみやすくなってきました☆
当日は秋晴れの気持ちのいい日でした。参加者は72名。上野公園はちょうど「都市(とし)緑化(りょくか)フェア」が開催中(かいさいちゅう)で、色づいたコキアのアートをはじめ、東北(とうほく)復興(ふっこう)の願いを込めた「水田(すいでん)」なども作られていて、トーハクまでの道を楽しませてくれました!!

本館前のシンボルツリーのユリノキ

本館前のシンボルツリーのユリノキ

140周年(しゅうねん)を記念(きねん)した特集(とくしゅう)陳列(ちんれつ)や高円宮(たかまどのみや)コレクションの根付(ねつけ)、秋の深まりを感じさせる重要(じゅうよう)文化(ぶんか)財(ざい)の俵屋宗(たわらやそう)雪(せつ)筆(ひつ)『秋草図(あきくさず)屏風(びょうぶ)』もあり、充実(じゅうじつ)した展示(てんじ)になっていました。
またボランティアの方々による〈考古(こうこ)展示(てんじ)ガイド〉〈彫刻(ちょうこく)ガイド〉〈建物ツアー〉〈樹木(じゅもく)ツアー〉などさまざまなイベントもありました。
参加した学生は「詳(くわ)しく説明してもらって、見ているだけではわからないものもよく理解できた」と感想を言っていました。

トーハクくん、ユリノキちゃん


トーハクくん、ユリノキちゃんといっしょに
記念(きねん)撮影(さつえい)♪

福岡藩黒田家の江戸屋敷の

福岡藩黒田家の江戸屋敷の
鬼瓦(おにがわら)前で!
大きさにびっくり!

☆課題(かだい)の鑑賞(かんしょう)レポートの中から、学生の感想を一部ご紹介

学生の感想

やはり、時代を超(こ)えて、多くの人の力により残されてきた美術品は、学生たちの心にも強い印象(いんしょう)を残したようです。
そして、あわただしい日常から離(はな)れ、静かに美術品と向かい合えたことが貴重(きちょう)な時間だったと思います。