卒業生のチン ブンキョウ(中国出身)さん来校 ! !

2011/11/29

チン ブンキョウさんは2007年に本校を卒業し、拓殖大学商学部経営学科に進学しました。就職活動の結果、このたび日本企業の大手電機会社中国営業マーケティング部に就職が決まり、帰国直前の忙しいにもかかわらず、母校に挨拶に来てくれました。チンさんに希望の就職が適った理由を探るいくつかの質問をしてみました。

卒業生のチン ブンキョウ(中国出身)さん来校

<専門学校での勉強で役だったことはなんですか?>

駿台では専門科目の授業もすべて日本語の授業で、それを聞いて理解しようと勉強したことです。また、日本語と小論文の授業もありましたので、日本語学校を卒業してすぐ大学に進学した学生に比べ、大学の授業を理解し、課題を作成するのに苦労しませんでした。大学では良い成績をとることができ、奨学金ももらうことができました。

卒業生のチン ブンキョウ(中国出身)さん来校

<大学で力をいれたことは?>

① 資格取得です。簿記2級、N1などを取得。
② 自分の研究したい内容があるゼミに参加し、日本人学生とグループ研究を行い、学校で賞をもらいました。
又、卒論作成にもいそしみ、就職先に自分の卒論を売り込んだのも採用に結びついたと思います。

<就職を目指す留学生へのメッセージをお願いします>
① 企業が留学生にもとめている人材は日本人の考え方を理解でき、日本人と交流することができる人です。
② コミュニケーション能力を磨き、チャレンジ精神を常に持つことです。

~駿台の担任より~
「チンさん、8年間の留学生活ご苦労さまでした。日本企業に就職したいという夢を実現できて、本当に良かったです。母国での活躍をお祈りしています。また、中国と日本の懸け橋になってください。出張で来日する時は、ぜひ母校駿台トラベル&ホテル専門学校に立ち寄ってください」