【課外授業】JATA旅博2011を見学しました!

2011/10/11

9月30日(金)、国際観光専科の学生たちは、今年もJATA旅博の見学に行ってきました。
旅博(旧・旅行博)は2003年から毎年ビッグサイトで開催されているアジア最大級の「旅の祭典」です。

このイベントには旅行業界、ホテル業界で働く方々だけでなく、観光業を目指す学生たちも一般公開の前日に関係者として見学することができ、駿台トラベル&ホテル専門学校も毎年参加しています。

この日も多くの人たちで会場は大変賑わっていました。
今年は過去最高の144の国と地域が出展していました。中でも、中国、韓国、台湾、インドネシア、ベトナム、タイなど、アジアの国々のブースは活気にあふれ、震災の影響を受けている日本の旅行業界を元気にしようと応援してくれていました。

観光業界の方々が多く訪れているので、学生たちもスーツを着て会場に入りました。初めは少し緊張していましたが、和やかな雰囲気の会場に徐々に打ち解け、イベントやゲームに参加したり、自分の国のブースで昨今の観光業界の様子について話し込んだりと、とても楽しく有意義な時間を過ごしたようです。 帰りがけには、持ちきれないほどのパンフレットやお土産も手にしていました。

きっと学生たちはそれぞれの視点で、個性あふれる内容盛りだくさんのレポートを書いてきてくれることでしょう。レポートを読むのが今から楽しみです。

ブルネイ観光局の前で、民族舞踊のダンサーたちと

ブルネイ観光局の前で、民族舞踊のダンサーたちと一緒に!

静岡県。伝統的な茶摘み娘スタイルのお姉さんたちと。

今年は震災復興のために日本各県からの出展も多くありました。
静岡県のブースで「♪あかねだすきに菅の笠♪」と歌にもある伝統的な茶摘み娘スタイルのお姉さんたちと。

グァム政府観光局。毎年ミス・ユニバース・グァム代表が来場

グァム政府観光局のブースには、毎年ミス・ユニバース・グァム代表が来場します。
今年も美しいミス・グァムと一緒に写真を撮りました。

お土産もたくさん買いました。

持ちきれないほどたくさんのパンフレットやグッズをもらいました! お土産もたくさん買いました。

アオザイと呼ばれるベトナムの民族衣装もきれい。

ベトナム観光局のブースでは、ベトナムの民族音楽が披露されました。
アオザイと呼ばれるベトナムの民族衣装もきれいですね。

台湾からもたくさんのメッセージをいただきました。

3月の東日本大震災以降、世界各国から多くの義援金が寄せられています。
日本のために台湾からもたくさんのメッセージをいただきました。