国際観光専科卒業生来校! 就職体験談を語る

2011/2/16

 駿台トラベル&ホテル専門学校国際観光専科では、集中授業の一環として、これから就職活動を行う現在1年生の在校生に対して就職活動の体験談を語ってもらうために、日本での就職を果たし、ホテルで活躍している卒業生2名を招きました。
卒業生たちは、始めこそ「何を話せばいいのか……」と、とても緊張した面持ちでしたが、いざ教壇に立ってからは、就職活動の体験談だけにとどまらず、学生生活の過ごし方や留学生としての心構えなど話は多岐にわたり、90分の授業時間内に収まらなくなるくらいの熱意あふれる講演会となりました。
話を聞く在校生は、卒業生の語る「学校の授業やアルバイトなどすべての経験に無駄はない。与えられた時間を大切にして」というちょっと耳が痛いような話にも真剣に聞き入っていました。こうした先輩たちの体験に基づく生の声は、在校生にとっても貴重なアドバイスとして心に残ったようです。

日本での就職を果たし、ホテルで活躍している卒業生2名