【国際観光専科】箱根日帰り研修を実施しました!!

2010/12/9

11月18日(木)、国際観光専科では1年生を対象に箱根日帰り研修を実施しました。
 トラベルコースと日中通訳案内士(ガイド)コースは旅行添乗研修、ホテルマネジメントコースはホテル研修がメインの内容です。
 箱根は町全体が富士箱根伊豆国立公園の中央に位置し、その魅力は何といっても豊かな自然に恵まれていること。首都圏からもアクセスしやすいことから、人気観光地・温泉地として筆頭にあげられる地です。また外国からの観光客も多く、毎年国内外から約1900万人もの観光客が訪れます。日本有数の観光地での実地研修ということで、各コースとも貴重な体験をした一日となりました。

≪トラベルコース&日中通訳案内士コース≫

トラベル系コースは学校に集合して、バスで出発。最初は御殿場にある富士仏舎利塔平和公園を見学しました。仏舎利公園には釈迦の分骨を納めた仏舎利塔があり、富士山の眺めが良いことや桜の名所でもあることから、最近箱根への途中で訪れる観光地として、外国人観光客が増えているそうです。
 その後は箱根の芦ノ湖に向かい、海賊船を模した遊覧船での芦ノ湖めぐりを楽しみました。

バスの中では交代で添乗員役をやりました

お楽しみの昼食に続き、午後は温泉地である箱根を代表する「大涌谷」観光を楽しみ、箱根ロープウェイにも乗りました。紅葉もきれいでしたが、大涌谷に着くころには、なんと雪まで舞い落ちてくるハプニングが! 秋だけでなく初冬まで、思いがけず「日本の四季」のいろいろな風情を体験することができました。

大勢で食べる食事はおいしいです

≪トラベルコース&日中通訳案内士コース≫

ホテル研修コースはバスで学校を出発後、「ザ・プリンス箱根」に到着。「ザ・プリンス箱根」は芦ノ湖畔に佇み、きめ細やかなサービスと美しい景観が堪能できる人気のリゾートホテルです。 ホテル内の施設を見学させていただき、その後はレストランサービス、客室メンテナンスの実地研修を受けました。レストランサービス研修では、学生同士がお客様役とサービススタッフ役を交代で行い、それぞれの視点からホテルのサービスを体験しました。そしてサービス研修の後はそのまま提供された料理をいただき、洋食のテーブルマナーも学びました。
プロからレクチャーを受けました

食事の後は、客室での実習です。実際にお客様が使う客室でベッドメイキングの実技や、室内のメンテナンスについて学びました。 本物のリゾートホテルという臨場感のもと、さまざまな実務を教えていただくことができました。

現役ホテリエから直接指導を受けました