校長・学園長からのメッセージ/学校の現況

校長からのメッセージ

塚原校長
校長 塚原慶一郎

ようこそ!駿台トラベル&ホテル専門学校へ

1980年の開校以来40年に亘り、本校はホスピタリティマインドに溢れた観光・サービス業界のスペシャリストを輩出すべく、時代に即した実践的教育に力を注いでまいりました。

現在、1万人を超える卒業生は皆、社会人にふさわしい教養と技術を身に付け、各業界の第一線で活躍しております。

しかしながら近年の観光業界は、外国人観光客の著しい増加や、2020年のオリンピック・パラリンピック開催に伴い、そこに携わる者に対して、語学やコミュニケーションのスキル、また、様々なニーズに合わせた企画力等、これまで以上に高い能力が要求されるようになってまいりました。

駿台トラベル&ホテル専門学校では、業界ニーズを取り込み進化を続けながら、豊富な実習授業とトレーニングによる技能習得はもちろんのこと、きめ細やかな進路指導で自己分析・自己実現を支援し、心技を兼ね備えた人材を育成してまいります。

真のスペシャリストとして活躍できるよう、ホスピタリティマインドを一緒に育んでいきましょう。

校長 塚原慶一郎

学園長からのメッセージ

山﨑 学園長 
学園長 山﨑良子

日本は多様で美しい自然環境や、長い歴史の中で熟成された独自の文化を誇る国です。

また、このような風土は、日本ならではの質の高いサービスや、きめ細やかなおもてなし精神を育み、世界の注目を集めるところとなっています。

観光・サービス業界は、まさに今後の発展に大きな期待が寄せられている分野です。意欲ある皆さんは本校で知識と技術を習得し、必ずこの業界の大きな牽引者となられることと信じております。

駿台創立者の山﨑寿春は『生徒一人ひとりに対する愛情がなければ、真の教育はできない』という信念を提唱しましたが、本校の掲げる教育理念『ホスピタリティマインドの体現』もまた、これを実践するものです。

これからも本校の教育を通して、ご入学された皆さんが夢を叶え、周囲の大切な方々を幸せにするお手伝いをし続けたいと心から願っております。

学園長 山﨑良子

沿革

1980年 4月
駿台予備学校の姉妹校として、駿台トラベル専門学校を設立。
「観光学科(2年制)」「旅行学科(1年制)」を設置する。
1981年 4月
「スチュワーデス科(1年制)」を設置する。
1984年 4月
「スチュワーデス科」を「スチュワーデス本科(2年制)」
「スチュワーデス研究科(1年制)」に改編。
1985年 4月
駿台トラベル専門学校3号館完成。本部を3号館に移す。
「ホテル事業学科(2年制)」を新設。
1986年 4月
「観光研究学科(3年制)」を新設。
1988年 4月
駿台トラベル専門学校4号館完成。最新の設備を導入したCAI教室、茶道、華道教室、音響室、就職指導室を新設。
1988年 4月
「社団法人日本旅行業協会(JATA)の推薦校となる。
1992年 4月
「社団法人日本添乗サービス協会(TCSA)の推薦校となる。
1995年 4月
「駿台トラベル専門学校」を「駿台トラベル&ホテル専門学校」に校名変更。「ホテル事業学科」を「ホテル学科」に、「スチュワーデス本科」を「エアライン・ビジネス学科」に学科名変更。
1997年 4月
「ホテル科(夜間/2年制)」を新設。
1999年 7月
「機内サービス実習室」を4号館に設置。
2001年 4月
「ライフステージプロデュース学科(夜間/1年制)」を都内で初めて開設。開設と同時に葬祭ディレクター技能審査協会(厚生労働省認定団体)の指定校となる。
2009年 4月
トラベル学科夜間部開設。また夜間部に企業実習(デュアルコース)を開設。「エアライン・ビジネス学科」を「エアライン学科」に学科名変更。
2010年 4月
開校30周年。
「ライフステージプロデュース学科」を「葬祭マネジメント学科」に学科名変更。
2011年 4月
ブライダル学科はコースから改編。
2012年 4月
本部校舎・ツーリズム館改装。
2013年 4月
ホテル実習室・ブライダル実習室改装。
2014年 3月
鉃道学科はコースから改編。
2014年 4月
トラベル学科改編。

教職員数(2018年5月1日現在)

専任教員 兼任教員 職員
23名 16名 6名