海外

語学を学ぶ

語学を学ぶ

海外でステップアップ!
英語力を向上させる充実した
4つのプログラム

スンダイの留学プログラムは語学力アップと異文化体験を目的として自分の目標に合わせて4つの中から選べます。

夏期短期語学留学

英語コミュニケーション短期集中課程 ホームステイ

夏期短期語学留学

様々な国の留学生との混合クラスと現地家庭でのホームステイで、短期ながら語学力が格段に向上し、異文 化も学べます。

1年次に参加すれば就職活動のプラスになり、2年次に参加すれば社会に出てからの実戦力のプラスにできます。

留学先はカナダのナイアガラ大学です。

夏期短期留学
  • 英語コミュニケーション短期集中課程
  • ホームステイ
対象:全学科/全学年
期間:約1ヶ月
滞 在:ホームステイ

様々な国の留学生との混合クラスと現地家庭でのホームステイで、短期ながら語学力が格段に向上し、異文化も学べます。1年次に参加すれば就職活動のプラスになり、2年次に参加すれば社会に出てからの実戦力のプラスにできます。留学先はカナダのナイアガラ大学です。

研修スケジュール
5月 留学説明会
7月末 留学出発
8月 語学留学
9月 帰国報告会

長期語学留学

英語コミュニケーション集中課程 ホームステイ

長期語学留学

長期語学留学はじっくりと英語スキルを高めたい方に最適なプログラムです。

2年次は事前準備授業と留学。帰国後は、2月の就職指導期間から復学し、就職内定を目指す合計3年間のコースです。

留学先はカナダのオカナガン大学とナイアガラ大学のいずれかから選択できます。

長期語学留学
  • 英語コミュニケーション集中課程
  • ホームステイ
対象:全学科/入学2年目  
期間:約8ヶ月
滞 在:ホームステイ
研修スケジュール
2月 留学スケジュール告知
3月末 事前学習
5~12月 語学留学
1月 帰国報告会

カナダ留学+ホテルインターンシップ留学

英語コミュニケーション短期集中課程 ホームステイ ホテルインターンシップ体験

カナダ留学+ホテルインターンシップ留学

ホテル学科だけの研修プログラムです。現地で英語カリキュラムを2ヶ月程度勉強し、英語のレベルによって数週間から3ヶ月間のホテルインターンシップを体験します。実際の海外ホテルの仕事で使う英語を学べることがポイントです。

カナダ留学+ホテルインターンシップ留学
  • 英語コミュニケーション短期集中課程
  • ホームステイ
  • ホテルインターンシップ体験
対象:ホテル学科/全学年
期間:約5ヶ月
対 象:ホームステイ+ホテル社員寮
研修スケジュール
5月 留学説明会
7月末 留学出発
8~10月 語学留学
11~12月 ホテルインターンシップ
1月 帰国報告会

海外ホテルインターンシップ研修

ホテルインターンシップ体験

海外ホテルインターンシップ研修

ホテル学科実習先として「海外ホテル」を選択することができます。

実習先は、東南アジアのホテルです。参加に あたっては、英語力の試験と面接を実施しますが、英語力は実用英語検定3級から、面接ではやる気と海外生活への意欲が重要となります。

海外ホテルインターンシップ研修
  • 英語コミュニケーション短期集中課程
  • ホームステイ
  • ホテルインターンシップ体験
対象:ホテル学科/全学年
期間:約4ヶ月
対 象:ホテル社員寮
研修スケジュール(予定)
7月 説明会 選抜試験
8~9月 事前授業
10~1月 実習期間
2月 帰国報告会

国際交流イベント

スンダイならではのイベント

Q&A

海外留学・海外ホテル実習のよくある質問にお答えします。

カナダ留学の現地での滞在はどのような形ですか?サポートはありますか?

カナダではホストファミリー宅へのホームステイになりますので、安全面、食事や健康管理などの心配はいりません。留学時には、学校とはメールで情報交換できます。また現地の日本人スタッフが全期間にわたり、細かくサポートしてくれるから安心です。

留学時期はいつが良いですか?

留学は、4つのプログラムがあります。対象学科、学年、実施時期はそれぞれ決まっていますが、早い時期に経験しておいたほうが、就職活動にプラスになると思います。就職が2年生の夏休み前までに決まれば、スキルアップのために夏期短期語学留学、ホテル企業実習を体験するのもよいと思います。長期語学留学は休学になりますので、1年次終了後からになります。

カナダ語学留学はどのくらいの英語力が必要ですか?費用はどのくらいですか?

目安としては実用英語検定2級レベルが必要ですが、多少英語力が不足していても努力を続けていく気持ちがあれば大丈夫です。費用はその年の状況によって変化しますが、語学を学ぶカナダ短期留学で50万円弱の個人負担となります。くわしくはそれぞれの説明会でお知らせします。

海外ホテル実習時の滞在先は?

実習先のホテルの客室やドミトリー(寮)が提供されます。食事もスタッフの食堂で食事が支給されます。現地での生活費はお小遣い程度です。実習参加には往復の渡航費用が個人負担となります。海外プログラムの中では一番少ない費用で参加できます。